つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

蜂窩織炎(ほうかしきえん)なのか??

お昼過ぎ、どうも左足のむくみが気になるので、ちょうど来られていた訪問看護師さんに「利尿剤のタイミングはいつがいいと思います?」と聞いてみました。で、看護師さんに患部を見せていたんですが、向う脛に赤くなったところがあるのや、右足に比べてかなり左が太いのや、「蜂窩織炎(ほうかしきえん)なんかも考えられますから、一度受診されたほうがいいですよ」と言われたので、2,3年ぶりにかかりつけの医院に行ってきました。 ぱっと見たところ、「リンパ浮腫みたいやなあ」と言われたんですが、鼠蹊部や腹部、膝から上は腫れがみられなかったし、腹部にしこりがあるようでもなかったし(あるわけないと自分では思ってる)、まあ、微熱は37.3度くらいあるけど、私はいつもある気がするし。もうついでなので、血液全部検査してください、とお願いしてきました。結果が出るのは2,3日後ですが。 私はすっかり忘れてたんですが、カルテには3年前の5月にも同様の症状で受診していたみたいです。でもひどかったら覚えているだろうし、今回ほど腫れがひどくなかったんだと思います。 むくみか腫れか?いつも悩むのですが、こういうのは確かに腫れてるのね… (ーー;) 前にもあったということはやはり疲労とか関係してるんだろうか?? 抗生物質と胃薬を1週間分もらってきました。また検査結果がわかったら再度受診してきます。ついでだから母のエンシュアも10本ほどもらってきました。 いま、わたしになにかがあれば家族が困るなあ。今日も弟は食事もしないで寝てるし。私も買い物休んだけど。かわりに手続きやなにか頼んでも弟にはまったくわからないだろうしなあ、と思うとゆっくり寝てもいられなくなります。気掛かりはそれくらい。 なんとも懐かしいことに、父がものすごくお世話になった訪問看護師さんにお会いしました。5,6年ぶりかも (^_^;) 3年前に乳がんを手術して、患者として来られていたそうです。知らなかったなあ。どこにもいろいろありますよね。それだけ年月が経ったということなんだなあ、としみじみしてしまいました。 まあね、当時は母がこういう状態になるとは思わなかったしね。 なんとも感慨深いことです、いろいろな意味で…。 今夜はやっぱり早く寝た方がいいんだろうな。少しでも努力したいと思います。