つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

家族の依存というのは因縁か?

昨夜夜中、弟が枕元に座って「調子が悪い」という。まあ、ここ3,4日は昼間でも調子が悪いのは知ってたけど。どう調子が悪いのか聞くと「パニックが起きそうだ」と言う。またか… (ーー;) 弟はいまだにパキシルも飲んでいるくせにこういうことを言う。やはり認知行動療法が出来ていないのが問題だと思うんだけど…。 で、私にコンビニでお酒を買ってきて欲しいと言うんだな。頓服がわりにするからと。またかよ… (ーー;) 私もその時間帯は非常に具合が悪く、起きて動いたらきっと吐くと思うから無理、とあくまでも拒否した。 そうすると弟は「氷水とセロクエルで我慢するか」と言ったけど…。さっき私がコンビニに行こうとするとまた「薬がわりのお酒が欲しい」と言う。タバコ代と一緒にお金は預かったが、もちろん私が買うわけもない。かわりにアイスクリームを買ってきた。 母にしろ弟にしろ、どうしてこういう依存傾向が強いんだろう、と思う。お酒にしろ向精神薬にしろ。 母も30代くらいから、今にして思えば躁鬱とおぼしき症状があったようで、どうしても外出しないといけない時などは、病院の水薬の瓶にワインなどを入れて持ち歩いていた。で、気分が悪くなると外でそっとそれを飲んでいた。もちろん内科で軽い安定剤ももらっていた。 当時かかっていた内科の先生に「あんたは精神科に行くか、出家でもするかでないと治らんかもしれない」と言われていた。精神科の敷居が高かったから、結局どちらにも行かなかったが。私と弟はこの母の血を引いてるな。 で、現在の母が薬のせいで寝たきり状態になっているわけだけど、本人も当初は「つまらん原因」だと自覚していた。だったらもっと早くにやめればよかったのに、と思うんだけど、性格によるものかなにか、依存の強さってあるみたいだなあ…。 弟は一時期アルコール依存で、私もかなりひどい目をみたので、二度とお酒を口にして欲しくない。どうかすると早く減りがちなデパスも飲みすぎるな!とやかましく言っている。私なんかデパスはかなり余っていくよ。 どちらかというとアルコールにも薬にもあまり頼らない私の方が症状が改善しつつあるから、やっぱり日ごろの生活そのものが認知行動療法がになっているとしか思えないんだけど…。 この依存の強さというのは家族のことながら、本当にもどかしくて仕方がない。こういう2人の面倒を見ないといけない私にはどういう因果があるんだろう?とつくづく思う (ーー;) ちびキャラのラフ、とりあえず出来ている10枚ちょっとの分を下書きに書き写している最中です。 やっぱり私はなにをやってもすごく時間がかかる。40枚を14時間で描いたと言う人がいらしたが、すごくとんでもないわ〜 (ーー;) おまけに自分ではかわいいものを描いているつもりでも、他の人にもちゃんと可愛く見えるかどうかもわからない。日ごろは「綺麗なもの」を描き慣れていて、そちらは得意なんだけどなあ…。 はー…。先はとっても長いです (ーー;) 14時間どころか2、3ヶ月かかりかねないなあ…(>_<)