つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

プロなら必要不可欠なのが悔しいわ (ーー;)

雨になりました。しんどいから横になりたいと思いつつ、クリアしないといけない用事が終わるまでは横にもなれません (^_^;) 箪笥の中でポリ袋に去年の夏から密封してあったカットソーのワンピースを着てますが、洗いざらしだからか、肌が過敏になりすぎているのか、どこかでチクチクする感じがあるんだな (ーー;)  今のところ、部屋と身体の周辺にダニの姿が見えません。さすがに死滅したのなら嬉しいですが…。服は実際に着てみるまでわからないがなんとも…ですね。 さて、この段階で保健師さんに終息報告しても大丈夫なんだろうか??うーん…。 ここ2,3日、イラストレーター年鑑用のデータを作っていたのですが、データはほぼ出来たので、あとは詳細を問い合わせて確認して、問題がなければ出力する必要があります。 色見本になるそうですが、うちのキャノンのプリンタはEPSONのとまた微妙に違う発色なるので、色見本としてはいまいちな感じなんですよね〜。 EPSONは6色インクで、キャノンは4色インクだから、その差はあるかもしれません。大判出力をお願いしているところなんか、10色以上のインクを使っているからRGBでも再現度が高いですしね。あー、でも個人で使うのにランニングコストがかかるのは嫌だったからなあ… (ーー;) それにしても。この年鑑用のデータを作るにはPhotoshopIllustratorは必要不可欠。アナログで描いている人でも最低どちらかのソフトは必要ですね。 やっぱりまだまだ印刷業界(webも含めて)ではAdobeのソフトは定番普遍なんだなあ、と… (ーー;) そのAdobeクラウドも今月から2年目に入ったので、毎月5,000円になりました。高いね。年間6万円のAdobe税です (ーー;) どうせなら使い倒さないともったいない限り、と思わされるところが思う壷なのかもしれません (ーー;)(Adobe社、儲かってるみたいですし〜)