つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

人類が地球のダニだったらやだなあ… (ーー;)

このところのダニ騒動ですっかり忘れていましたが、月曜日の受診から、母のデパスがやっとゼロになりました \(^o^)/ かなり前から不要じゃないかとみんな思ってたんですが、徐々に減らすパターンで…。まあいくらか寝つきが悪いかな?と感じることはありますが、リスパダールももらっているし、あとは慣れかなあ?と思います。長かったね〜。去年やめられていたら、寝たきりになることもなかったろうにね。 相変わらず、鎮痛剤(バファリン)は欲しがりますが、なるべく飲まさないように、ということで多くても1日一度です。どういう薬でも嫌だとは絶対に言わないからなあ…。困った薬好きです (ーー;) しつこくこの話題で申し訳ありません。現在もっとも気になっていることで、本当になにも手に付かないことがほとんどというほど深刻なことなので… (ーー;) アレルギーの薬が少なくなったので、皮膚科も受診してきました。その際に手近で捕獲したダニらしきものを10匹近く、白い紙にセロテープで留めて持っていったんですね。いずれも布団の側で捕獲したというか、見つけた死骸…。でも赤いな、と思ったのはテープで留めたらばっちり血を吸っていました。 それを先生に見せて顕微鏡で確認してもらったら、まぎれもなくダニでした… (p_q、)シクシク どうすればいいのか?ととにかくマメに頻繁に掃除機をかけるしかないそうですが…。 身体がチクチクしてまたいるなあ、と確認したので、先ほど、またはやばやとシャワーしたんですが、着替えの洗濯物、30秒くらいレンジでチンしておいたにも関わらず、なんだかまだチクッとする、と思って見たら、ちょうど下着のゴムの中に隠れていたのか、生きてました Σ( ̄□ ̄; )  水も高温もものともせずにか?? どうしたらいいんだ?? 訪問看護師さんが悩んでいた時に、服のポケットにパラゾールを入れたことがあるそうで、近いことは試してみてもいいかもしれません。ポケットないから、袋に入れて安全ピンで留めるというのはアリかも…。身体には悪いかもしれませんけどね。 なんだかなあ…。もうじき秋、じゃなくて、夏はまだまだこれからなので、それを考えるとなんとも気が滅入ります (ーー;) ウィルスなどはもちろんのこと、もっと他にも眼に見えないくらいの小さなもので、国の運命が左右されてきた歴史だってあるだろうな、とふと考えてしまいました。 取りあえず、今夜は出来るだけお絵描きを進めたいです。今月中の完成はもはや無理っぽいんですけどね… (ーー;)