つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

医院行脚で半日過ぎる (ーー;)

しんどい…。膝が痛い。今朝は4時起きで動いてるからなあ…。いや、トイレに起きてそのまま用事をしたら、起きざるを得なくなっただけなんですが…。 膝の傷は思いの他長くかかっていますね。まあ、最初から浸出液がすごく多かったから…。まだ全体の半分もふさがっていないような感じです。先生にも「まあ、気長にやりましょうか」と言われてるし…。当初は「今週中に」とか「GWまでには」とか言われてたんですが…。お風呂の時だけ使っている防水フィルム、明日で1メートル使い切ってしまうなあ。あとまだ3メートルありますが、全部消費するまでに治るといいなあ、と思います (;゚∀゚) このしんどさはいつもの微熱と、今日はクリニックと整形外科をかけもち通院して半日費やしたのもありますね。クリニックは予約制なのでまだましですが、整形外科の方はすごかったなあ。マッサージ十数人待ちとか。待てずに帰る人もいたくらいです。連休の合間はおそるべし。この膝、4連休のあいだはどうするのか?その分薬をいただければ自分で処置しますけど…。(かさぶたのかわりになる薬ですね) クリニックの方、看護師さんと母の投薬について相談していて、G先生のところには常備されていないものもあるとかで、それならどうせ薬局に行くからメインはクリニックでお願いしてみるか、ということになりまして、G先生のところでは経過を見ながら、踵の縟瘡に必要な抗生剤などをお願いすることにしました。 クリニックのT先生には「循環器の薬はわからんぞ」と言われましたが、医療センターの処方がいいものらしいので、それで大丈夫かなあ、と思いつつ。うかつに代替の薬よりも忠実な処方の方が安心かな、と思った次第です。 で、今日の母ですが看護師さんによる着替えを断固拒否したらしく(メモに書いてあった)、昨日はそこそこ食べたお昼も、今日は半分も食べてくれず、夕食もほとんど食べず、今ごろになってからなにやら言っておりますが、私がしんどいからやめておきます。あ、メイバランスのゼリータイプの方はわりと気に入ったようで、1個飲みました。それでも150キロカロリーですけどね〜。 やっぱりゼリーとかヨーグルトくらいの柔らかさでないと駄目なんだなあ…。本人がそれを納得出来ないのか、「ご飯食べる」とも言いますし、金時豆くらいなら噛めるかな?と聞いたら、うん、というので食べさせてみても、結局あとで吐き出してあったりします。もちろん普通のご飯も駄目みたいですし…。 本人が駄目なことを理解して納得しないと食べてくれないのかな?と思ったりしています。美味しくて、まず食べるのが一番だから、減塩食にも糖尿病食にもしていませんし…。慣れてくれるといいんですが。 このあいだから登録したサイトなどから「こういう案件ありますよ。いかがですか?」というメールが届きます。いまはまだ自分の希望にちょうどいい案件がないから様子見してますが、そのうちに是非やってみたいことがあれば応募するかもしれません。 特定の時間割に添って母が生活してくれれば仕事も出来るんじゃないかと思うんですが…。そういうのってやっぱり無理っぽいかなあ?? …でも仕事したいなあ… (ーー;) お絵描きの方、とりあえずキャラだけは描けました。あとはじっくりと背景ですね〜。