つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

介護のお食事

ケアマネさんの采配で、本日より母には刻み食とおかゆの朝食が配達していただけることになりました。ちゃんと食べてくれるかどうかかなり心配ですが…。 よく見ていると、好きなフルーツゼリーなどはフルーツの塊でも噛んでいるように思えます。反面、自分にとってあまり大事ではない普通の食事は噛まないんですよね。噛まずに呑み込んでいます。だから基本的に噛まなくてもいいプリンだのゼリーだのヨーグルトだのばかり欲しがります。 でもそういうものはさほどおなかが膨れるものではないので、もう頻繁に「ちょうだい」攻撃で催促されます。私がなんにも出来ません (ーー;) 入院中は食事時間が決まっているので、こういうことはないと思いますが、とにかく家にいると寝ている時以外は結構うるさいなあ、という印象。 11時に食事が来る予定なので、今はなにも食べずにお腹をすかせておこうと待たせてあります。なんというか、小さな子供と一緒だなあ、と (ーー;) あと、昨日言っていたメイバランスのアソートを買ってみました。気に入った味がわかれば次からはそれをメインにすればいいんだし…。飽きると困るからいろいろぐるぐるする必要はあるでしょうが。わりとまともな食事が1,2回出来て、あとはメイバランスなどでフォロー出来たらそこそこ栄養も足りるかなあ、と。 栄養状態が悪いと縟瘡も治りませんし…。どころか別の場所に出来てしまったりしますし…。赤ちゃんならそれはありませんが、介護だとこれがあるからなあ…。まあ、大変は大変ですね。 あ、そういえば私、退院後はずっと姪の名前で呼ばれています。面倒だから訂正もしませんが。ま、「まいちゃん」というのは呼びやすいよね。 今日は夕方に看護師さんが来られる予定です。明日は早朝からクリニックと整形外科のはしごになります。昼までに帰れるかな?母のお守りとご飯の引き取りは弟に頼んでおくしかないですね。 この毎日の整形外科通いが食事の支度をする時間と気力をかなり奪ってくれます。でも右の首から頭の右半分の鈍痛はずっとあるし、左膝のキズは相当深くえぐれていたらしく、まだ完治には時間がかかりそうです。 事故直後、わりと大丈夫だったので、警察に物損事故でいいですか?と聞かれて「はい」と言ったんですが、そのあとで症状が出てきた。これってよくありそうだなあ。 念のために警察に聞いたみたら、物損扱いでも保険会社が支払うと言うならちゃんと治療費は出るそうですが、万一出なかったら困る… (ーー;) 救急の費用だけでも7万円以上かかってるのを知ってるから…。 事故なんて、遭遇した直後は混乱しててわからないことだらけですね。あとでネットで調べると意外なことが出てきて慌てるはめになったりとか…。なんだか通院に加えてやたらと右往左往している気がします。正直、時間が経つほどに「えらい災難や」という気持が強くなりました (ーー;) ーーーーーーーーーーーーーーーーー これを書いている途中でお弁当が届きました。 お試し食、祭日のせいか、若干豪華です。メニューは… ウナギのせいろ蒸し風ご飯(おかゆ) 福岡県特産品の天ぷら 焼きうどん トマトとブロッコリーのサラダ 冷やし飴 いちごとキウイ 細かく刻まれているので、どれがどれやら識別出来たのは最後の方ですが…。でも鰻ご飯がいい香りで、鰻は食べない私でも食欲をそそられました。 母は「情けない…」(多分噛めないのが)と泣いていましたが、「出来ないことは仕様がないから、こうして対応してくれてるものをしっかり利用しよう」と言い聞かせて、結局はおかずはほぼ完食。ご飯は多かったので(気に入ったけど)半分くらい残しました。で、食後すぐにヨーグルトを要求しましたが…。 まず万歳です (^_^;) 1日1回でもしっかりした食事が出来れば、あとはフォローしていけるかな、と思いますし…。大体ご飯全部食べたら700キロカロリー前後はあるそうです。 早速、契約して、これからは毎日お昼前にちょうど食べごろのものを届けてもらえます (^_^;) 内容的にはコンビニのお総菜よりいいと思うな。同じ500円でも。もしかしたら600円になるかもしれませんが、ショートステイを何度か利用したと思えば…。うん。 甥や姪が小学生だったころ、給食の献立表を眺めて、いまの小学校はおいしそうなものがでるなあ…と感心していたのを思い出しました (^_^;)