つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

次の課題は食事のことらしい (ーー;)

今日もなんだか忙しかったです。連休のあいだの整形外科も患者さんで一杯。トータル1時間半くらいかかったかもしれません。一応メモを置いていくんですが、なんとか看護師さんが帰られる前に帰宅出来ました。まあ、踵のケアがメインなので、さほど変わったことはないんですが。 その後、コンビニに行って帰ってきたら保健師さんが見えまして、私の分のヘルプが可能になりました。「一緒に作業する」のが10時間と、ヘルパーさんだけでお願いするのが10時間。これでなにが出来るかわかりませんが。慣れるまでは週に1度くらいかな?と思ったり…。 母の所に来てくださる同じ事業所の、おそらく同じヘルパーさんになりそうなので、そのあたりはよかったかな?と思います。まあね、具体的になにをどうするかは全然考えられない状況ですが… (ーー;) その母ですが、どうもまたヨーグルトやプリンやゼリーしか食べないなあ、と思ったら、全然噛まずに呑み込んでいるのが判明。噛めないのか噛まないのかわかりませんが、入院前は噛めていて、一般食が食べられていたのが、退院してきたら噛めなくなっていたんですね。そりゃ、病院では嚥下食が出てたけど…。 さて、困った。やはりこういうのを買っておくべきだろうか?? こういうのでもジュースがわりにいいかもしれないなあ。もうエンシュアは飲んでくれませんしね。やや甘めでフルーツ系統がいいのかなあ、と思ったり…。 配食サービスでこういうものがあるかどうかはわかりませんし…。かといって食べてくれるかどうか保障がないものをまとめ買いするわけにいきませんし…。やっぱりドラッグストアに走れということかしら??? 本当に介護のハードルが次第に高くなっていきます (ーー;) お絵描きもおかげでなかなか進みません。困ったことです。