つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

すっかり安心して眠りたい

どうも心不全と思われる可能性が高い母ですが、なんとか入院と治療ができないものかとあれこれ相談しています。 実は先に自分の方が倒れそうなんで、安心して寝込むためにも母の入院と治療が開始される、という事実が必要なんですが。日曜日に採血してもらった結果が出ないと動けないし、判断が不可能、というのももどかしいです。 昨日はクリニックに行ったのと、お昼前に看護師さんが来られて、ちょっと話をした以外は、他の時間はほぼ寝てました。一日の2/3くらい寝てたかも。それだけ寝てもまったく疲労倦怠感が取れず、逆にしんどさは強くなります。 今日は薬をもらいに行って、ちょっと食料を買ってこないと。それが済んだらまた寝込むかもしれません。横になるといくらでも寝てしまう。しかも起きられないというのはどこがどうなっているのかわかりませんが。やっぱり脳の中でなにか起きてる???脳も身体も疲れているのは確実だなあ。介護ってどうしてこんなに疲れるのか?と思いますが… (ーー;) 昨夜も母は見えない幻の相手に会話したり、喧嘩したり、2時間くらい騒いでいました。こんな感じで入院して置いてもらえるのだろうか??個室代が払えるような患者なら少々は大丈夫かなあ?と思いつつ。払えませんけど… (ーー;) いろんなことがずっしり重い、と感じています。早いことまた横になりたいです…。