つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

日々の葛藤と希死念慮

昨夜から落ちています。久々にはっきりした希死念慮を伴っています。 やっぱり主な原因は母のことなんだろうなあ…。 一日に何十回とあらゆる薬を欲しがる事と、あらゆる不調を訴える事と。 そもそも今のような状態になった原因はベンゾジアゼピン系薬物の依存からの癲癇発作でした。脳卒中でも骨折でもありません。 減薬のために精神科に入院して頑張ろう、と言ってた私の言葉にも耳を貸さなかったためです。ベンゾジアゼピン系薬物の依存はもしかしたら麻薬や覚醒剤よりも怖いかもしれません。母の場合はデパスレンドルミンでしたけどね。 薬の過剰摂取のせいで、こうなったのに、いまだに薬を求める心理というのは変化してないんだ。 SG顆粒のあと、今はバファリンと救心、それと太田胃散などの胃薬です。なんで飲むの?と尋ねると、頭痛などを訴えるんですが。一日に4回も、はあきらかに飲みすぎですし、私は鎮痛剤性頭痛を疑っていますが。 非常に敏感な人なので、プラセボは効果ないんだな。すぐにばれる。 「しんどい〜」「頭が痛い」「胸が痛い〜」と頻繁に訴えるので、まんざら嘘の症状とも思えませんが、でも訴えられたからって私にどうする手だてもなく、あげくにそれを原因に怒鳴ったり怒ったりしてしまう状況…。 で、自分が落ち込む、というパターンを際限なく繰り返している結果のような気がします。 結局、私はたやすく「依存」というパターンに陥ってしまう母を許せていないのかもしれません。以前はこの依存がアルコールだったこともありましたしね。どうしてそうなる?という腹立たしさと、打つ手がない自分のやりきれなさと、もろもろ針のむしろにいるようです。 とうとう今朝は食事の支度も投げ出しました (ーー;) あとでお弁当でも買うしかありません。なかなか起きることも出来なかったので…。家事もしていません。 母を特養にでも入れれば、多少なりこういう葛藤から抜け出せるのかもしれませんが…。なかなか決心がつけられず。毎日辛いです… (T-T) 取りあえず、今日は心静かにお絵描きでもしているしかないかもしれません。希死念慮、ましになるといいなあ…。