つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

長女の痩せ我慢…?

気持に脳と身体がついてこないパターンで、昨夜は午後8時にダウンしてしまいました (ーー;) でもそれだけ寝ても疲労感はまったく回復せず、このあたりがやはり病気のなせるわざかと思いますね。しかも微妙にうつ傾向だし… (ーー;) こういう時は自分がはたすべき責任のことを考えて気を取り直します。直近ではやはり仕事のこと。きちんと完成したものを納品しないといけませんから…。これは自分へのけじめでもありますし…。 個人経営とおぼしきネットショップがありますが、時々、そこに連絡を取ろうとして、まったくメールのお返事が来なくなる事があります。気掛かりなのは運営者さんがブログとかなにかで体調の悪さを訴えておられた場合、どうしても最悪のケースを想像してしまうこともあります。 運営者さんに運営不可能な事態が発生して、その人の身近にPCやwebに詳しい人がいない場合、何年たってもそのショップは存在し続けるわけですね。 ショップではなくて、個人としてのサイトの場合、その人が生きて活動していた証しとして、ずっと残るサイトがあるのはいいと思います。(実際に私もそうして欲しいと願うくらいですから…)でも金銭の授受ゆえに信用問題が絡むショップの場合はどうかなあ…。私だったら、きちんと張り紙を出して、店を閉めてくれる人がいた方が安心出来るよなあ、と思うのですが…。で、またショップの場合はそういう人を想定しておく方が気分的にも安心な気がします。 昨日ツイッターのまとめで見つけた「“じわじわくる”長女のあるある」が面白かったです (^_^;) 私も弟ひとりの長女だから、思い当たることだらけ (^_^;) しかもこれって多分生きている間中変わらないだろうなー、と予想出来るからなんだかね (^_^;) 甘えようとかいう発想が頭からないような気がします。甘えるのと依存との違いもわかんないなあ。基本的に依存するのが嫌いだから、余計になにが甘えでそうでないのかもわからなくなります。 嫌でも動かずにいられないのは、他人に任せておけないから。自分がやることを一番信頼しているのかもしれません。 大丈夫じゃなくても大丈夫って言っちゃうな。かなり無理だと自覚があっても、ついつい口からは「大丈夫」が出てしまう。まあ、性格はきついです。自分よりも頼りにならない男は邪魔なだけ。…etc. まあ、なんといますか人生全部で考えると、長女って損かもしれません。特に介護が絡んでくると、これはもう、長男よりも圧倒的に長女の方が大変です。 理不尽だけど、きょうだいの何番目に生まれ育つか、という影響はかなりあるよなあ、と思えるのでした。