つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

好きこそものの…

えーと…。なんとなく忙しいです。でもこれは嬉しい忙しさです。春になっていろいろなことが徐々に動き始めたかな?という感じの忙しさですね (^_^;) 現在、4つくらいのことを同時進行でやっています。半分は仕事。半分はわりと公的な感じのプライベートな作業…かな。 でも全部好きなことだから苦にはなりません。こういう多忙はめげないみたいですね、私。ご飯作るのは死にそうなくらいに嫌で仕方がないのに… (ーー;) 4つのことでも状況を見ながら優先順位をつけて進めています。やっぱり締切りがあるものから順になるよね。頭の中のイメージに、視覚的になるべく近づける作業というのもありまして、今はそれが最優先ですね。クライアントの方がお仕事で国内をあちこち移動されているようなので、移動中に作業して、細かい修正の打ち合わせはメールで…ということになっています。 次は自分の名刺ですが、すでに原稿は出来ているので、プリントアウトするだけですね。そろそろ桜exhibitionの締切りも近いから、それまでにこれもなんとかしたいなあ、と思います。 あと名刺の作成の仕事は詳しいデータをいただき次第、これも優先になるのですが、素材は結構集まったので、そんなに時間はかからないと思います。まあ、データ待ちですね。 自分の新作はまだ線画の途中ですが、そんなに凝ったものではないので、案外早めに描けるかもしれません。これは来月17日のサイト開設記念日更新を目指しております。まだひと月ありますが、仕事もあるし、いつなにがあるかわからないので、今からやってもきっといい加減になりそうです。 こういう充実感はすごく嬉しいですね。やっぱり私が好きな事、というのはこれなんだなあ、と思います (^_^;) 以前、5年くらいですが、なぜか掛軸を作る仕事をしていました。表具といっても、かなりの部分が機械化されて、それゆえに薄利多売というか、そんな感じで掛軸が作られていく会社でした。そこの過程も全部ひと通りやったので、今でも場所と道具があれば掛軸が作れると思いますね、私。 なんでそこをやめたかというと、やはりうつが悪化したことと(当時はまだ双極性2型とはわからなかったから)、なんというか、他人の作品を表装している場合じゃない!という一種切実な気持になったからでした。「自分が描きたい!」という思いがすごく強くなったんですね。ちょうど前年にMacを初めて買ったし、水を使わないCGの技法がすごく自分に向いていると思っていたから。 人生の折り返し点を過ぎたんだから、もっとホントにやりたいことをしたい、と心から思ったのでした。ゆえに現在に至ります。基本的にプロでやっていくとかそういうことよりも、とにかく本気で描きたい。そういうシンプルで強い欲求があるだけですね。だから今はそういうことに関わっていられるのが本当に幸せなことなのです。 アーティストの方のこだわりとか刺激になるから楽しいな、やっぱり (^_^;) これを書いたらお仕事に戻ります〜 (^_^)