つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

先送りにしようかなあ…と

昨日はブログやツイッターでのご意見やアドバイス、いろいろとどうもありがとうござました。今ちょっと気力がなくて個々にお返事が出来ないので、この場で失礼致します。 昨日からずーっといろいろ考えておりました。訪問看護師さんにも相談したりしておりました。 で、結果として母の入院はもう少し先送りにしようかと考えています。 理由としては母にも私にも切羽詰まった感じがないこと。もしもなにか変化があってもわりと短い周期でまた変化する可能性が高いこと(そこいらいかにも「気分障害」だと思うのですね)母の病状に緊急性が薄いこと。 私がそもそも大病院をあまり信用していないこと。大きな病気の時を別にして、できればあまり関わりたくないところです。私から見ると看護の部分が穴だらけだし (ーー;)  現在、訪問看護師さんたちが頑張ってくださっている「腸のリズムを整える」課題が徐々にいい方向に向かっているので、それをここでやめたくないということもあります。大病院はこれが大きな欠点だし。そこまで細かく看てくれませんし…。この腸のリズムと不穏状態には密接な関係があると思われるのですが、おそらく病院ではそれが把握しきれないだろう、と。 私自身が「なにもかも面倒くさい」と感じる時期に入ってしまったこと。特に動くことが嫌なんですね。 近くの病院ならともかく。緊急性があるならともかく。交通機関を乗り継いで行きたくない。それくらいなら家でごそごそしていた方がましかなあ、と。 きわめつけに「お金がない」入院費などはなんとかなるかもしれないけど、介護タクシーを使っての往復、おむつ代の出費など、目立たないお金が怖いのですね。すでに家でもコンビニ弁当などは買えなくなっていますし、かといって誰かに食事を作ってもらうのも嫌だし(買い物は行って欲しいけど)当分のあいだ、貧しい食生活になりそうですが…。 でも母が欲しがるのはヨーグルトとかゼリーとか、スイーツ系統とかそういうものだし。おにぎりも欲しがるしコンビニとの縁は切れませんが。カレーとかチャーハンくらいなら作れるか、私??? いつのまにかこういうやり繰りが出来なくなっていたことに気付くのが遅れました。食事と外出と経済面が駄目だなんて致命的じゃないか… (ーー;) でも脳がすごく拒否するのが現実なんで、どうにも困ったことだと思っています。優秀な主婦か執事みたいな人が必要になるじゃないですか (;゚∀゚) このあたり踏まえて、明日の受診で先生に相談してこうと思っています。年末年始やお盆やゴールデンウィークなど、世間の空気がただならぬ時期はもとより私自身がおかしくなる時期でもあったのでした (ーー;) 長い休みが続く時期は私自身が非常に剣呑かつ不安定になる時期でもありました。忘れてたよ… (ーー;)