つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

寒々しい年末ではあるなあ (ーー;)

さーむーいー。毎年言ってますが冬は温泉地に避寒に行きたいですね。寒い、と感じたらいつでもお風呂に入れるのが最高な気がします。なんだか今年は例年以上に寒さを感じるので、昼間のうちからお風呂に入ることもしばしばです。

夜になるともう一度暖まりたくなるけど、それは贅沢だと思うので、夜はせめて暖かいものを、とカップ麺が定番になっています。それもきつねうどんか天ぷらそば。このごろはどこのコンビニもプライベートブランドのものを置いているので、食べ比べるのもなかなかですが、ファミマ、セブンイレブンサークルK、今のところはずれがありません。夜のささやかな楽しみになっています (^_^;)

先日、リスパダールを増やしてもらってから、私の判断で母に飲ませているわけですが、それなりに効果が出ているのか、不穏な感じがまたなくなって、いまのところは落ち着いている気がします。これを飲ませているから足下がおぼつかないし、歩くと危ないからベッドの柵が必要なんですが、これだったらずーっと歩けないままですよね。

どれだけ薬と縁を切ることが出来るかわかりませんが、とにかくそれが出来ないと、リハビリもなにも始められない気がします。そう思うと入院しての専門治療は必要不可欠ですね。新年早々の覚悟を決めよう。

 1月は伯父も首の難病が再度悪化して、再手術のために入院しますし。ご近所でも救急車で運ばれたりする人もいたりして、いずこも落ち着かない年末年始のようです。高齢になるとそうなのかもしれません。親戚一同が集まって…なんていうのは子供たちが学校に行っている間のことだなあ、としみじみ… (ーー;)

まあ、意識する余裕がなければいつもの普通の一日と同じように過ぎてしまうわけですが。

 キャラクターの着色がやっと出来ました。(すごく地味にお絵描きは続けています)これからはまた少しずつ背景にかかります。この作品を年越ししつつ描きながら、ごく普通に過ぎてしまいそうですね。