つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やっとクリニック受診 (ーー;)

 クリニック行ってきました。私も弟も口をきくのが嫌なほど疲れたんですが、まあ、母を受診させる、という大きな目的はなんとか果せました。

昨夜は緊張しているらしく、夜中の12時ごろによそいきの服に着替えだして、無理やりにそれを手伝わされるはめになりましたが… (ーー;) タクシーも早めに来てくれて、処置室のベッドで昨夜の睡眠不足を取り戻すかのように熟睡していた母です。

寝起きは大体おおむねさわやかというか、しっかりした感じなので、先生の前ですとさらにしっかり喋っていたので、まあ先生もどの程度診察出来たかは不明ながら、やはりレンドルミンデパスの薬物依存の傾向はありそうな感じですね。いまのところ、認知症の目立った特徴はないように思えます。

血糖値が高い、という点で飲めない薬が多々あるので、不穏な状態を少しでも軽くする、という目的でリスパダールが処方されました。本来は統合失調症の人のためによく使われる薬のようです。安定剤だとかえって不穏になるから、鎮静させるという感じかな?それを2週間分飲んでみて様子を見ながら行こうということですね。

…いやはや…。

まあ、実際に本人にとっても家族にとっても一番厳しいというか、私なんかには心身にこたえるのがこの不穏症状なので、いくらかましになればこれにこしたことはありません。期待出来るといいなあ、と思います。

この不穏がなければ、いくら私が精神障害者でも介護自体がうんとましになりますし…。効きますように ( -人-) 

すみません。まだお返事書けそうな気力がありません。可能ならこのあと寝ようかなあ、と考えています。母も疲れてよく寝てくれそうなので… (^_^;)