つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

家にいるとはいってもね (ーー;)

昨日は終日介護に追われて、他になにをする気力も時間も残りませんでした。

看護師さんとヘルパーさんと2人来られると、いろいろ忙しい気がします。それなのに「足の爪を切って」とか「あんたと一緒にシャワーしたい」とか、そういうのこそヘルパーさんが来られてる最中に言って欲しいなあ…と (ーー;) まあ、爪切りくらいはしましたが。

昨夜は1時間ごとに起こされるのに閉口しました。やっぱり留置カテーテルってえらい手間だと思います。しんどい… (*-д-)-з ホントにね、週に2度でもデイサービスに行ってくれると、随分楽だと思うんですが。お風呂も入れて、リハビリもお昼ご飯も済んで一石三鳥、いや、私の方は休養出来て洗濯もシーツ交換も出来て一石五鳥くらいなんですが、本人はなかなかそうは思ってくれないようです (ーー;)

ともあれ吐き気も収まって、でも食欲はいまいちなので、試飲の結果気に入ったエンシュアのバナナ味の方を一箱24缶いただきました。これのおかげかどうか「お腹が張る」とか文句を言ってますが。

なかなか普段から頑固な人だから、聞き分けよくしてね、というのはハードル高いです。自分もそうなりそうな不安がありますが… (^_^;) 特に私の方も体調が悪い明け方から朝にかけてが辛いから、よく喧嘩のようになってしまいます。困ったものだ。

実は現在私も膝がちょっと剣呑でして。もともと左の膝は父の介護の後半あたりからちょくちょくずれるようになっていました。ものすごく痛くて、唸りながらさすっていると「グキッ」という嫌な音がしてもとに戻るという…。すごく昔の古傷でスポーツマンでもないのに、半月板損傷とかやっちゃってますので、それがやっぱり影響してるかな…。ずっとマッサージしてもらっていて、随分ましだったんですが、やっぱ疲れてくると頻繁に起きるようになります。ベッドの横に膝を突く姿勢が増えたから…。

で、左をかばっているうちに今度は右の膝にも痛みがきまして…。どうかするとすぐには立てないことも増えました。かといって立ってやると今度は腰にきますしね…。介護というのは非常に地味に足腰にもダメージを与えてくれます (ーー;) 

おかげで和式トイレも使えません。仕様がない時は障害者用のトイレを堂々と使わせてもらってますが。

名刺の方はあとは印刷だけ、がなかなかできない (ーー;) これもなあ…。ホントにデイサービスで家にいない方がきっとはかどるというのは明白なんですが…。そうでなければ寝ていてくれると助かるんですが。プリンタの音が結構大きいので、多分起きちゃうだろうし…。介護と在宅の仕事を両立させようというのも結構難しいと痛感しております (ーー;)