つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

長い長い日々

うーむ…、まだメガネ屋さんにも郵便局にも行く暇がない。一日が恐ろしく長く感じるわりに、なにも成果というようなものが感じられない繰り返しなんですよね、介護というのは。

今日は初めてのデイサービスで、まあ、母本人は嫌がっていたんです。自分で断りの電話(でも何を言っているのかよくわからない)を入れたりして。なだめすかして一旦は車に乗せたんですが、シーツなどを交換して洗濯して、コンビニに行って帰ってきたらもう戻ってた… (ーー;) 一瞬でも喜んだ私が馬鹿でした…(>_<) 今朝も8時を廻るまで起きられなかったので。ああ、入院したい、と心の中ではそればかり願っていました。

昨夜はまたレンドルミンを巡って弟もまじえて一悶着。いつのまにか2錠飲んでいた母が足下のふらつきで立てなくなったから、あきらかに副作用だなあ、と私が怒ったのですね。薬も隠してあるのにどこから見つけたのか不明です。

とにかくこの薬のことになると人が変わったようになるから、ホントに依存なんだなあ、と実感しますね。それだけ副作用が出ているのにまだ飲むというから、弟がビオフェルミンを1錠(お腹が緩いからちょうどいい)飲ませ、私が追加で1錠飲ませて。プラセボにならないかと期待したけど駄目でした(>_<) 仕方がないのでレンドルミンを1/2錠だけ追加。その後はいくら叩かれようが呼ばれようがひたすら無視して寝ました。

食事の摂り方が目茶苦茶なことといい、やっぱり私も認知症の疑いを否定出来なくなってきました。いざとなれば一緒に精神科に入院するしかないかな?いや、普通の精神科は長期に渡る認知症は無理っぽいな。でも私が本当にぎりぎりのところにきたらそれしか方法がないかもね。メンタルより先に内臓がやられそうな気がしないので… (ーー;)

一緒に旅行に行ったこともあるご近所のおばちゃんたちも「顔の相がちがうな」とか、あきらかに以前との違いを認めておられるようです。「ここいらで一番しっかりした人やったのにね」とも言われます。「みんな同じようなもんやから他人事やないわ」とか。まあ、っそれはそうですね。

寿命が来た、と言われるプリンタですが、仕様がないので楽天経由で購入。ちょうどタイムセールになっていたのがありまして。インクとカバーもついでに。なかなか銀行に行く暇もないから仕方なく嫌いなカード払い。早めに追加入金しておかないとマイナスになると困るんですが… (ーー;) 今年もあと2ヶ月ないんだなあ。何気にすごく焦ります(>_<)