つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

脱力&疲労感 (ーー;)

ツイッターでぼやいてましたが、地域医療相談室の担当さんとは時間が合わず、明日改めての相談になりました。

が、その担当さん、父の時にもお世話になった方でした。びっくり。8年前か?すごいですね。

父は4年前に穏やかに他界した旨をお伝えして、あとは明日の話です。忘れないように午後2時とここに書いておこう。

 で、今日の母の中では昨日1日来なかった間に、なぜかわかりませんが、「あんた、昨日熱出して入院してたんやて?もうええのんか?白血病って聞いたで。まあ、今は白血病も治る時代やしな。」…いつのまにかえらいドラマチックな病気になっていたようです。ネットの不調で業者さんの修理、という伝言が何人経たらそうなるのか知りたいけど… (ーー;)

まあ、姪や甥の話は確実に幻覚だろうというので、亀岡の叔母や遠い親戚のお見舞の話ははなから本気にしていなかったんですが、もうそろそろ大丈夫かな?と思いつつ、亀岡の叔母に電話したら…。母のその話は本当でした!びっくり。

しかも入院当日のことらしいです。私が入院準備に帰っていた時かも。叔母は妹さんに車に乗せてもらって来てくれたようです。が、想像よりは母が元気だったので安堵したとのこと。こちらの伯父に電話をしたようですが、伯父もパニクってたようです。私まで伝わらなかった。仕様がないね。

遅ればせながらお礼と近況報告が出来ましたし。

なんだかもうどこまで信用したらいいのか、悩ましいことになってきました。

まあ、姪には手紙を出したから、違ってたら連絡があるかもしれませんが。まず幻覚としか考えられないなあ。時間的にも無理な移動だし。

なんだかどーっと疲労感 (*-д-)-з

まだ片づかない部分は、退院が決まるまでに片づけばいいか。ベッドが来たら先に私が寝ておけばいいかな。ちょっと開き直る。

本当に前途多難は退院後かもしれないけれど… (ーー;)