つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

出来ることでなんとかしたい

今の時期、家族のそれぞれが不調を抱えていて、特にその度合いが強いといいますか、本当にしんどい。明日はクリニックの受診日なんですが、行きたくないなあ… (ーー;) 母のことがあるからそれは無理なんだけど…。

双極性障害の「出来なくなる感」というか、それによってもたらされる喪失感の大きさは、大切な人との死別とか、余命宣告された重大な病気の患者のそれにも近い、とかいろいろ言われますが、私はまだ「出来なくなったこと」を100%受け入れて認めてはいない気がします。

昨日、100円ショップに行ったら、「いままでの1/10の軽さ」という紙粘土があって、ちょうどお風呂の壁に塗装がはがれて穴が空いてるところがあるし、粘土で埋めてから塗料を塗れば補修が出来るのでは…?と考えました。しばし孰考。やっぱり無理だと戻す。編み物でもそうですが、昔なら悩むこともないいろいろなことを、「やっぱり最後まで辿り着く自信がない。気力が続かない」と諦めることが日常的に多々あります。家の中の掃除とか、本当にささやかなことまで。手順も方法もみんなわかっているのに、それでも出来ないのですよね。それが現実。

反面、現在、Illustratorで線画を描いているのですが、それが珍しく建物で、日本建築だから結構大変。普段の私なら絶対に途中で投げ出していると思います。それなのに何日にも渡るような作業によく気力が持つなあ、と自分でも不思議です。まだ着色して他のパーツも描いて、全体を完成させるという気が遠くなるような作業なのに。本当にお絵描きに関することだけは唯一気力が続くんですよね。

ただひとつでもそういうものを残してくれた神様に感謝、ですね。

このあいだ何かを検索していて、カバラの数秘術関係のページにぶつかりました。

私の運命数は「9」なんですが、このごろますます「9」が持つ傾向が強く出てきたような気がしないでもありません。もともと複雑きわまりない性格らしいですが、そこへ双極性Ⅱ型の「気分屋」が加わるとさらにわけがわからなくなるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運命数9

潜在的な可能性。人道的・夢想家・ロマンチック・詩的・寛大・普遍的・敏感・感情豊か・ダイナミック

「9」とゆう数字は、人間愛、哲学、神秘主義、理想主義をあらわしている。そして他のすべての数字を潜在的に含む。運命数9のひとは、さまざまなタイプの人たちへの共感能力が発達している。全体の調和を優先して誰にでも合わせることができる。面倒見がよく親分肌。他者を励まし、能力を最大限に発揮させるのが得意。また想像力豊かで、芸術家肌、敏感で、感受性が強く、宗教や哲学、神秘思想に惹かれる傾向がある。政治や社会的な運動、宗教的集団に惹かれたり、みずからその指導者になる可能性もある。世のため人のために尽くす無私の精神の持ち主。創造性や直感力に優れ、創作活動にも親和性がある。知恵があり、賢く、心の広い理想主義者、そしてロマンチスト。包み込むような温かい雰囲気を持ったひと。

あなたは、世の中をよりよくするひと。

仕事・適職

世の中のためになる仕事。精神性が向上する仕事。芸術関係の仕事。介護福祉士。カウンセラー。コーチ。教師。思想家。文学者。歴史家。政治家。宗教家。聖職者。芸術家。演奏家。演劇関係。自然愛護活動家。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いまさらな適職に出会えるようには思えませんが、自分にとって出来る「唯一のこと」をなんとかしたいなあ、とは思うんですけどね~ (ーー;) 信仰するような特定の神仏はいませんから宗教家にはなりようがないな。

あ、ちなみに金銭欲はないそうです。そうだろうな、とは思うけど…。ただ今現在の経済システムの中では、地味に質素に暮らせる程度のお金はないと困るよね、やっぱり… (^_^;)