つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

超シンプルな携帯電話が欲しい!!!

まだまだダウンしている時間がとても長いです。結構重いうつかもしれません。

起きた直後は母と2人で「死にたい」と泣いてたんですが、時間経過と共にやや持ち直したみたいです。そうすると昨夜ラフを描いていた作品を、やっぱりきちんと仕上げたいなあ、という欲が出てくる。そういう欲に支えられてなんとか生きていられるのかも…。

昔はね、もっと物欲がありましたが、このごろは全然…なので、創作意欲と知識欲(読書)だけに支えられているような気がします (ーー;)

ところで。

 我が家の固定電話はなぜか呼び出し音2度のあと、すぐに留守電に切り替わります。よほど電話のそばにいないければ取る頃が出来ません (ーー;) 前は5回くらい鳴ってたと思うんですが、いつのまにか勝手に変わったみたいです。もとからあまり電話に出たくないというのもあって、わざわざ設定し直す気力がありません。もともと設定以前に時刻合わせもしてないしなあ…。

そうなんです。私は昔から家電やIT製品に至るまで、付属してくる取り扱い説明書を読むのが大嫌いな人間です。普通の本は好きなのに取説は違うらしい (ーー;) ましてその取説が分厚かったら腹を立てたりします。で、もちろん読みませんが。

少なくとも日常家電は取説なんて読まずとも使えるくらいが当たり前だろ?と思っているので。まあ、父の生前はこういうことを一手に引き受けてくれてましたけどね。今の私は最初の重要項目の拾い読みしかしません。

そもそもMacにも取説なんて存在しなくて、なんとなく触っているうちに使えるようになるという壁の低さがあって、特にクリエイータなんて機械系に弱そうな人たちはそのおかげでMacが好きになったケースが多かったんじゃないか?と考えています。自分がまさしくその一人だしなあ…。

だからいまだに家電は取説読まなくても使えるのが当然、という意識がありまして。もっとお年寄りで機械は苦手、と思っている方々は余計にそう思われるんじゃないかなあ?うちの伯父みたいに「90歳越えててもPCも使う元(いや?身近なところでは現役か?)エンジニア」みたいな人もいますけど… (^_^;)

だからね。そういう需要がかなりたくさんあると思うので、どこかで携帯電話メーカーの眼に触れることを祈って書きます。

「簡単、シンプル、低価格、丈夫(壊れにくい)」ケータイを作ってください。余計な機能は全部省いて、基本、電話とメールとカメラくらいがあればいいし、他にも必要なものはオプションでつけるとかでいいと思います。スマホじゃなくてガラケーでいいのよ。らくらくホンの簡単入力機能と電話番号登録は必須ですね。5箇所くらいワンボタンでかかれば便利。

もちろん低価格。さらに基本使用料も低価格。月に2000円くらい。

取説は薄いのならあってもいいけど、ショップで基本的なことを数分聞けばそれだけでお年寄りも充分に使える。そういうケータイ。

誰も彼もが最新の多機能を求めているわけではないのです。私シンプルならキッズケータイでもいいと思ったことあるもの。最新のiPhoneを見てがっかりしたのがついこのあいだ。もっととことんシンプルでいい、という欲求はさらに強くなりました。

私はおそらくスマホにはシフトしません。シンプルケータイ作ってくれたら乗り換えるだろうけど。

誰かこういう声を拾って現実化して欲しいな。隠れたニーズは決して少なくないと思うから。