つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

「神へ帰る」

薬の副作用に邪魔されて、ものすごくはかどらなかった読書ですが、体調が戻るにつれて、徐々に読書ペースも復活。

非常に深い内容のこの本を読み切ることが出来ました。

同じ著者の「神との対話」の1冊目以来です。で、この本がシリーズラスト。

その間には何冊かのシリーズがありますが、個人的にはこの2冊で充分、という気もします。

シュタイナーの時代とは違って、最先端の量子力学宇宙論、物理学の話題にまでリンクしてますが、なんだかそれがかなりわかりやすい気がします。

神=私、なのだそうです。

神は大洋。私たちは寄せる波。その姿は多彩でも同じ海の一部……。

そうするとサムシンググレートの存在は?…とかふと思うのですが、そういう摂理そのものを作り上げた偉大な存在がいるとしたら、その摂理をサムシンググレートとというのかなあ?とも思ったり…。

いずれにしても、我々が心を痛めてきた多くの死や、生きることと死ぬことに対して、かなり多くの不安が解消されて行くのが快感です (^_^;)

悩める方々には是非ともお勧めしたい本ですね。