つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

まったく、もう… (-_-メ)

もうひとつこちらはグリンピースのものです。

地元(京都だって地元だ)は全然納得してませんから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもグリーンピースをご支援いただき、ありがとうございます。

本日は、4月20日(金)に締め切りが迫ったオンラインアクション

「ちょっとまって、再稼働!」へのご参加、拡散のお願いです。

http://www.greenpeace.org/japan/noda3/?gv20120414

政府は今、関西電力の安全対策の実施計画(工程表)を

「工程表は再稼働の安全基準におおむね適合している」と表明し、

何とか原発の再稼働を進めようとしています。

しかし、新たな安全基準は、わずか2日でできた『即席基準』で、住民の安全を

守るための放射性物質対策(ベントフィルターなど)は後回しにされ、

事故時の住民避難や、事前防災に直結する対策も触れられていません。

グリーンピースが3月末に行った、大飯原発付近からの紙風船による

放射性物質拡散予測調査では、岐阜、愛知を始め、遠くは埼玉や群馬まで

風船が到達しています。

この結果からも分かるように、大飯原発の再稼働は、近隣住民の方だけの

問題ではありません。

http://www.greenpeace.org/japan/fukui/?gv20120414#balloon

この様な状態で、強引に再稼働を推し進めようとする政府に今「まった」を

かけるのは、国民1人1人の力です。

3月末にグリーンピース朝日新聞に掲載した意見広告をご覧になって、

すでに首相へ手紙を書いて下さった方、オンラインアクションに

ご参加下さった方もたくさんいらっしゃいますが、

まだまだ政府に私たちの声は伝わっていないようです。

http://www.greenpeace.org/japan/asahi/?gv20120414

(4月12日掲載の朝日新聞社「WEBRONZA」では、

原発再稼働 「おおむね」安全で家族を理解させられるか?】として、

この意見広告についても言及されました。)

オンラインアクション締切まであと1週間、ぜひ周りの方や、ツイッター

フォロワー、ブログの読者、Facebookの友だちなどに、このアクションへの

ご参加を呼び掛けてください。

http://www.greenpeace.org/japan/noda3/?gv20120414

原発フリーの夏実現のため、みなさんで声をあげましょう。

*************************

お知らせ

*************************

■4月22日(日)エネパレPresents 「アースデイパレード」

「緑の鯉のぼり」で脱原発・エネルギーシフトをアピールします。

みなさんも一緒に歩きませんか?グリーンピースのスタッフも参加します!

日時:4月22日(日)13:00集合、14:00出発予定

場所:代々木公園ケヤキ並木前

主催:エネルギーシフトパレード

※同日開催する「アースデイ東京2012」イベントの一つとして開催されます。

■オンライン署名 「原発事故のとき、私のまちはどうなるの?」提出しました。

3,814筆のご署名を、3月27日の文部科学大臣宛てに始まり、

4月5日の福井県知事宛てを以って、お約束した10の提出先全てに、

提出を終えました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

詳しくは、ウェブサイトでご覧ください。

http://www.greenpeace.org/japan/speedi/?gv20120414