つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

脳みその試行錯誤は面白い (^_^;)

ここのところ、みなさまにはすっかりとご心配をおかけしてしまっていた体調不良の件、おかげさまで徐々にましりなりつつあります (^_^;)

食欲不振は、とにかく食べてみるかな?という努力で、少しずつ戻りつつありますし、昨夜はかなり寝つきは悪かったものの、午前0時以降には比較的よく眠れたように思います。

昨日の午後にはちょうど伯父から電話がかかっていましたが、母との会話中、調度私も寝ていたようで、1時間弱の睡眠ですが、それでかなり楽になったような気がしました (^_^;)

「脳内物質」というごくごく微量なものたちが、長い時間をかけて全体のバランスを取ろうと試行錯誤していたような感じとでも言うか…。脳みその働きとかはなんだかとても不思議なものだなあ…、という一種の感慨を覚えておりました (^_^;)

ちょうどその前後に急ぎのお仕事がひとつありましたので、リフレッシュした感じで、起きた後に続けて集中することが出来ました (^_^;)

この仕事がらみで、ついでに作品のイメージまで浮かんだあたり、やっぱりこういうのが軽躁状態にいる時の「余禄」とでも言うべきでしょうか (^_^;) 

でも一人を描けばいいというものじゃないんだな。じっくりと手間ひまかけて大作をものにするというのもアリかもしれませんけど… (^_^;)

躁状態がずーっと続けば、人生相当楽しくなるんだろうけどなあ…。   いかんせん9割以上がうつだとね〜…。

ただ、早朝覚醒や食欲不振がましになっも、全身の疲労倦怠感がましになったわけでもありませんので、時々ごろんと横になって、腰や背中の疲れを休める必要はあるようです (ーー;) まあ、そうなにもかも上手くはいきませんよね〜 (ーー;)

…と、いうところで、ただいま急ぎのお仕事については「OK」をいただきましたので、これから事務の諸手続にかかりたいと思います。

落ち着いたらそのうちまたじっくりとお絵描きしたいものです (^_^;)