つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

まだ低空飛行しております

このごろマッサージの翌日の方が好転反応がはっきり出てくるような気がします。ものすごくしんどさを感じる日です。

ここのところ、なかなか気持ちが晴れなくて、調子が悪い日が続くので、長梅雨も辛いなあ、と感じます (ーー;) フランスとか中国あたりでは熱波とか旱魃がひどいらしいので、どちらもどちらですが…。やっぱり地球全体にバランスが大きく狂っている時期なんですね〜。

それでも用事があったので、朝一番に伯父の家と、ついでにドラッグストアまで買い物に行ってきました。行きはまだ雨がちでしたが、帰りはなんとか止んでくれました。

 母が伯父と電話で話して、「手術の時は眼鏡や入れ歯ははずさんとあかんから、私が持っててあげようか?」と言うと、伯父は「そんなおじんみたいなこと、かなわんなあ」と言ったそうで… (^_^;) そっか、伯父の観念じゃ自分はまだ若いんだなあ、と笑ってしまいました。

まあ、確かにうちの母よりもしっかりしてそうですが…。

88歳で老人じゃないんなら、伯父の中ではどうなったら老人なんだろう?自分のことが自分で出来なくなったら、と思っているのかもしれません (^_^;) そういう気概があったほうがいいと思いますけどね。このごろ私ですら気力では負けそうだと思います。半月後には退院しているでしょうね、きっと。

伯父だったら、無事に手術が終わって元気が戻れば、まだまだクレー射撃にも行きそうだなあ、と思ったり… (^_^;) 

母と伯父とお互いに「長生きしてや」と言い合っているようです。きょうだい、というのは歳を取るほどいい関係になるようですね。

そういえば、私がこのごろ気にしているのは夜中にコンビニに行っている弟ですね。何も持たずに帰ってくることが多いので、もしかしたらお酒を飲んでるかもしれない、という心配がどうしても湧き上ってきます (ーー;) 

離脱に至までのもろもろの苦労なども…。まとめて思い出しては気になるもので、どうしてもやはりストレスが増えている感じです。これは母も同様ですが。

仮に飲んでいるとしても量的にはわずかでしょうが、弟の場合は「わずか」でも「大量」でも大差がない病気なので… (ーー;) 今度もしも飲み始めたら「病院に入れるで」と先生にも言われてますが、私としてもそうでないと付き合いきれる自信もないんですよね… (/_;) 本当に信頼したいのはやまやまなんだけどなあ… (ーー;)

なにもしないでいると、ますます気分が滅入るので、本当にわずかずつではありますが、お絵描きはしております。やっとPhotoshopの作業で選択範囲まで作ったところです。あとはまあ、本当にぼちぼちでないと進みませんね〜。やはり夕方あたりの時間帯にダウンすることもよくありますし…。

それでも何もしないよりはまだいいかなあ、と思うので、お絵描きと読書だけはなんとか出来てますね。

 今月はどうしても地デジ対応のテレビを買わないとなあ…。自分がほとんど見ないから(多くは音が苦痛に感じるんですね)どうしても後回しになっていますが、スペースの関係で19インチくらいしか置けないし、2万円台でなんとかなるとは思いますが。

それと外付けHDDがもう1台必要ですし…。本当にPC関係はいろいろ目立たない出費が痛いです (/_;)