つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

少しずつやる気モードに…

今朝も起きるのが遅かったので、早くもお昼前になっております。長いことお布団の中にいるから、余計に一日も短いんだなあ…。嶺

でもまあ、午前中に食料の買い出しには行ってきました。相変わらず自分ではなにも食べたいと思わないんですが、母が昨日当たりから、いくらか食欲が出てきたみたいで、かといって時間をかけて食事の支度はしたくないし…ということで、わりとすぐに食べられるものをメインに仕入れて来ました。今夜はあっさりさっぱりと湯豆腐あたりがいいなあ…。列

母も肝臓の数値は入院してもおかしくないくらいの値なんだそうで、だから出来るだけゆっくりと安静にしているのがベストみたいですね。それも結構難しいですけどね(^^;)嶺 

私は寝込んでしまうと逆に動けなくなりそうですし、買い物要因の替わりがいませんし、なるべく昼間は起きていようと思っております。

私の場合、かなり長いこと鬱の傾向はあって、しかも10代はもちろん、もっと子供の頃から自律神経が過敏な体質ですので、あんまり元気でいた時期の記憶の方が少ないんですよね。蓮

普通の人が普通に出来ることが出来なかったり、とかいろいろありますし…。そういうのは現在は「それも個性かな」と開き直っておりますが。

気長にじっくり生涯つきあっていく決意をした方が逆に楽な気持ちになるのが不思議です(^^;) ま、これも人生の課題のひとつなのかもしれません。

 幸いに気持ち的な鬱は徐々にましになりつつあるんですよ。ちょっとお絵描きもしたいなあ、と思い始めて来ましたし…。

昨夜描いていたラフをキャラクター2人分モニタで大雑把に合成して、今日はじっくりゆっくりとデッサンしようかなあ、と思っていたり…。鍊

このラフの段階でも身近にデジタルがあるとついつい頼ってしまいますね(^^;) モニタで正面から見た方がベストバランスとか構図が決まりやすいので、私の場合は下書きの段階でかなり修正が多いです。それをしておくと線画以降の修正がほとんど不要になりますので…。

いずれにしてもお絵描きをしている時は至福の時間であるのは確かですし、ゆっくり楽しみつつ描きたいと思っております。漣