つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

復活しつつあります

 月曜日になりまして、朝からマッサージもきちんと受けて、やや復活しました(^^;) 脳の揺れる気持ち悪さもどうにか現在は治まっております。やれやれ。雨もやっと上がって、徐々に空気が乾燥してきて、それもよかったのかなあ…。ともあれ、一息ついております。

ここしばらくはなるべくよく眠るように心がけておりました。やはり質のいい睡眠が取れないと、鬱だけじゃなくて、他のことにも響いてきますよね。非生産的だなあ、と思いつつ、眠気には勝てませんでしたし…。結果的にはそれもよかったのかも、と思っております。人間、睡眠は大事ですね~。簾

ここしばらく、父は血圧がやや高めになっております。そのせいかどうかはわかりませんが、昨日は起きていても天井をしっかりと見つめて「怖い…こわい…」と言って、母や私の手をしっかりと握っておりまして、もしかしたら幻覚が見えているのかもしれません。祖母も昔そういうことがありましたしね。嶺 

この幻覚というのが脳梗塞の症状のひとつなのか、レビー小体型認知症の症状なのか、判断し辛いところですが。あんまり幻覚に気を取られて、また痙攣が起きると困るので、入眠剤をちょこっと多めにあげて寝てもらいましたが…(ーー;) で、明け方に私に声をかけた時は普通の父に戻ってました。やれやれ。(^。^;)フウ

父なりにこのごろ懸命に挨拶の練習をしてるんですよね。「今日は看護師の○○さんが来るよ」と言うと、「おはよう」と何度も繰り返してます。そのうちに疲れるのか、肝心の本人が来られた時には寝てたりするんですが…(^^;) まあ、なかなかタイミングよく発言が出来ないので、私たちがしっかりと伝えてあげないと…。

でも、このあいだ夜中に吸引したあとで、「きょうこ、ありがとう」といきなり言われて、ものすごく感激しました(^^;) やっぱり家族やお世話になっている人に伝えたいことがいっぱいあるんだろうな、と思います。そういう父って可愛くて仕方がないんですよね~。漣 だから家族も頑張れるのかもしれませんしね。

と、ちょっと元気が戻ってくると、またなにかやりたいなあ、と思い始める私がいます。

たとえば…お人形の服を手縫いで作れないかなあ…とか(^^;)

うちにはSDの杏珠の他にTiny Betsy McCallというアメリカのお人形が何人かいるんですが(他にジェニーやmomokoもいます)、この子たちが身長20センチでなぜか日本人顔、可愛いんですよね。こちらに参考になるラインナップがありますが…。

メーカーのお洋服は日本製のものとは比較にならないくらいに丁寧に作られていて、大人も感動するしろものなんですが、それゆえに高価です。嶺 私も2着くらいしか持っていません。

このサイズだと、普通のミシンではとても縫えないので、5年ほど前に一度手縫いで何着か作ったことがあるんですよね。それを思いだしたりして…。またふとやりたくなったりもして…。…って、よほど余力と時間がないと無理だろうな、とは思うんですが…。蓮

既成のドールのドレスとの互換性がわからないんですよね。リカちゃんに近いサイズ?ブライスくらいかな?ピュアニーモというお人形のサイズとも聴いたことがあったりして…。(このあたりご存知の方がいらしたら教えてくださいませ)

もっと元気が戻れば、本気で突然やりだすかもしれません(^^;)…それ以前にPC関係でやるべきことがたくさんあるんだけどな~。嶺