つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

価値観いろいろ

丹 夜中から父が空腹を訴えていたので、結構早起きしました。朝一番で手紙を持ってかかりつけの先生の病院に報告に。ついでにいざと言う時のための抗生物質と解熱剤をもらってきました。

その時点ですでに疲労困憊でしたが、ちょうどマッサージをしてもらって、やや復活。なんとか買い物には行けたんですが、それだけしか続きませんでした。嶺 現在家族は昼寝をしておりますが、しんどくても時間が勿体なくて昼寝が出来ない私は起きております。蓮 

 それで昨日から描き続けていたペン画がやっと終了。順調なら今夜あたりからPhotoshopの作業に入れるかなあ、と思ったり…。本当にお絵描きの時だけは辛さを忘れるから不思議なんですよね。嶺

このところのハードさはこの2年あいだに母も歳を取った影響もあるかなあ、と思います。ケアマネさんの話だと、申請すれば母も要支援とか要介護1くらいの判定が降りる状況らしいです。でも母はデイサービスにも行きたがらないし、留守にするとまた父がうるさいだろうな~、ということで、あえて申請もせずにいるのでした。蓮

この世代の人達はヘルパーさんの世話になるといっても、「誰かが来る」というだけで、「手を洗ってもらうのに台所を掃除しないと」とか「トイレを掃除しないと」とか、「お茶菓子用意しないと」とか、まず考える世代なんですよね。嶺 で、そのとおりにやるから、余計に負担だと思うわけで…。怜 

私などは「家事が出来ないから手伝ってもらう」と割り切りが可能ですので、掃除してなくても仕方がないと思うんですが、そうはいかないのが困ったところです。輦 仮に一人暮らしなら、そういうのって仕方がないと思うんだけどなあ…。蓮

 ………………………

母も私も元気でやる気があって、うつ病でもなくて、介護もしていなければ、そういうことは考えなかったかもしれないんですが…。

最近はオークションで手作りのものに手が出る機会が増えております。高価なものではありませんが、使い勝手がよさそうな、たとえばグラニーバックとか、ポーチとかペンケースとか、アクリルたわしとか、そういうものが欲しくなってしまうんですよね。さらに私の場合だと杏珠のドレスとか…。

もともと自分でも手作りしていた経験があるだけに「こんなに手間ひまがかかるのに、本当にこの価格でいいの?!」と思われるものも多々ありまして。劣

そういうものを落札すると非常にラッキーな気分になるんですね。もとよりブランド物に価値を感じない人間ですし、その反面、手作りの価値は痛いほどにわかるという感じで、気がつくとオークションでのお買い物のほとんどをハンドメイドが占めております。

母も私も現在は「自分で作る」という余力がまったくないもので、そういうのが作れる人が非常に羨ましいと思っております。いつかは出品する立場になってみたいものですが、果たしてそういう日は来るのでしょうか…?輦