つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

生きているから…

はー…。やっと金曜日ですねえ…。

今週はケア関係の調整のために精神的に、もうかなーりくたびれ果ててしまいました。嶺 

単にプランを変えるだけでも、大勢の人間の調整が必要になるので、そこでいろんな行き違いだの誤解だのがどーっと発生するわけです。それをきちんとほぐしていくのに疲れたというか、マジで「もうどこでもいいから入院したい」とか「引きこもりになってしまいたい」と考えてしまいました。輦 なんだかすごくしんどかったです。

でもまあ、14日の父のPEGの交換が無事にすんで、週に3日の休みが出来れば、もっと心身共に余裕が出来るかなあ、と期待しております。少なくとも午前10時半までに強引に帰宅しないと…という買い物の制限だけでも楽になるよね。嶺

余裕が出来れば、不毛な母娘ケンカもしなくてすむようになるだろうし、いい方向に向かって行くのだと信じていたいです。

本当に引きこもれたら楽でいいけど、それってストレスが減るかわりに、生きてる意味もなくなるし…。苦しさも喜びも人との関わりの中からしか生まれないものですし、やはりそれも今生の課題だと思って逃げずにいないといけないなあ、と思っております。

もっとストレスに強くなりたいものです。

Web拍手ありがとうございます。

地道にお絵描きはしております。順調なら来週当たりに更新が可能かもしれません。…でも、重いデータだなあ…。怜