つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

煮詰まる性格

 まだ火曜日なんですよね~。今週はやたらと長く感じそうな気がします。昨日は結局マッサージの先生にもお休みしてもらったので、その分、疲労感が残っている気もしますし…。

でも朝一番に買い物には2軒ばかり行って来ました。雨の日は歩きになるから面倒なんですが…。で、2時には看護師さんが来てくれますし。このごろ母が非力なので、着替えさせたいと思うと、他の人の手が必要なんですよね。父は重いから一人ではとっても無理です。かろうじて横を向かせることは一人でも出来るんですが…。嶺

 当然のことながら、「お酒はやめようね」と精神科の先生にも言われたんですが、「だったら家の在庫をなくす」とか言って、結局今朝も飲んでた母。薬の作用がひどくなるからダメだって言うのに、なかなか聞いてくれなくて困っております。蓮 頑固なんだよなー、まったく。玲

母は子供の頃からやたらと負けん気が強かったようで、常にクラスで一番、学年で一番でないと気がすまなかったらしいです。まあ、だから先生方の覚えもめでたく、評価も非常によく、それに誇りを感じていたふしもありますね。で、いまだにどこかにそれが残っているようで…。でも私に対して負けん気出しても仕方がないよな~。嶺

私も負けん気が強い方だと思いますが、それはあくまでも自己の中にある理想に対して、というか、目標に対してであって、他の誰かと競争したいとかいう意思も欲求もまったくないんです。もとより価値観が違う人と競争しても意味もないですし。みんな独自の長所や得意なジャンルがあって、それを適材適所で生かせばいい、という感じなんですよね。

だから私が苦手とする対外的な交流ジャンル、おつきあい関係は話し好きな母に全面的に任せていたりするんですが…。実際に母のそういう社交的な面を慕ってくれる介護関係のスタッフさんも多いですし。それでいいと思うんだけどなあ…。

なのに時々、特に鬱がひどい朝は扱いが難しくなるんですよね~。困るよな~。父の初めての発作以来、病院の先生や看護師さんたちもどちらかといえば私に向かってメインの話をしてくれます。世代的には当たり前だと思うんですが、しっかりしていると思っている母にはそういうことも微妙に堪えるのかも…。怜

同じことを同じように言っても朝と夜では反応が違うしね。それも鬱なんだし…、と私が冷静に言うと、朝だったら「あんたは性格がきつい」とか言うし。はあ…。扱いづらいったらないよな~。蓮

昨夜たまたま読んでいた介護関係のエッセイに「歳を取ると人間が丸くなると言われているがとんでもない。歳を取ると性格が煮詰まってくるんだ」という意味のことが書かれていて納得。秊 そういう相手と上手に付き合えるようになったら介護のプロとしてレベルアップするのかもね、と思いました。…なかなか大変ですけどね。嶺