つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

春めくー感謝の日ー

 ああ、お天気が良くて、洗濯もよく乾きそうで、暖かくて気持ちがいいですね~。劣

列 訪問入浴も無事に終了しましたし。鍊

実は昨日の午後、かかりつけの先生が往診にいらして、父の診察のついでに母にもじっくりと話をしていかれたんですね。母の現状についてなどなど。

現在の不調はおおかたは精神的なものから来ていること。生真面目過ぎる性格で、それゆえに鬱などのそういう病気の原因になること。薬の飲み方や血圧や血糖の数値なども神経質にならずにおおらかに構えていた方がいいこと。ゆったりと手を抜くことなどなど…。

一緒に聞いていた私も「なんだ、先生、ちゃんとよく理解してくれてるなあ」と思ったんですが、日頃の診察の時間内ではそこまでの説明は不可能で、それゆえに母も納得出来ずにいたんだ、ということも判明しました。

思い掛けない形でカウンセリングを受けたみたいで、これには母も心から納得したようです。気持ちががらっと変わったと言っております。すごいなあ…。今日はかえって躁状態か、と思うほど陽気になっております。

でもまだまだ味覚障害などは残っていますし、補助的なものは必要かと思えるので、来週、とにかくクリニックに行く予定は変わりませんが。

母の「気持ちの持ち方」というのが劇的に変化したみたいですね。「70を越えていまさら遅いと思うけど…」と言うので、気付くのが遅いってことはない、と言いましたが。要はその後の変化ですから。いくつになっても人間変われないってことはないですよね。気付かなかったものに気付くというのはすごいことですよ。

ほんのちょびっとしたご褒美のように、ずっと探していて見つからなかった母の大好きな音楽のテープが偶然出てきましたし。秊 父もその曲に気付いて、母と二人でしっかりと手を握っておりました。

「もう一度良くなろうね」というと「うん」と答えるほど、父も意欲的になっております。「黒ビール飲みに行こうね」とか「温泉行こうね」とか「香港連れていってね」とか。もしかしたら本当にかなうかもしれないと、いまごろになってから思えて来たりするんですが。なによりも本人が意欲的なのが嬉しいです。撚

いつも親身になって相談に乗ってくれる看護師さんや、マッサージの先生や、ケアマネさんなどなど、今は私も本当にたくさんの人に感謝してもしきれない想いで一杯です。

今の人生、すごくいい修業をしてるなあ、と思った時から徐々にまわりも変わりつつあるような…。ささやかですが、心の変化がまわりを変えていくような…そういう感じすらしています。

私もだからいまは世界中の人に、いつもここの日記にいらしてくださる方々に、励ましてくださる方々に、本当にものすごく感謝したい気持ちで一杯なんですよね~。みなさま、本当にどうもありがとうございます。おかげさまで、まだまだめげずに続けていけそうです…。烈

これからは私ももっと社会に還元していかないといけませんね。頑張ります~。劣