つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

やっと説得出来ました

このあいだから、ずっと母に私たちの通院しているクリニックへの受診を勧めていたんですが、なかなか納得してくれなくて、昨日は看護師さん、今日はマッサージの先生も説得に協力していただいて、ようやく母に決心がついたようです。

早速クリニックに電話したら、来週の月曜にうまくキャンセルが出て、そこで診てもらえることになりました。はあ…。やっとちょっとほっとしました。嶺

頑固なんですよね~、母も。そういうところは私も似てますけど。でも誰が見てもすでに専門医の診察が不可欠な状態であるのは確かですし。現在、かかりつけの先生に精神面も診てもらっているから申し訳ないとか言うんですよ。…そういう時代じゃないって。かかりつけの先生だって、精神科は専門外ですし。血圧や血糖値の不安定はかなり精神面のストレスがきつい、と言われてるくらいなんですし、専門にかかっても文句言わないと思うよ。

すでに全体的な症状をバランス取って治していく段階に来ていると思いますし。ともあれ、母が決心してくれて、私もちょっとほっとしました。玲 うちの事情をよく理解してくれてる先生だし、話しも早いと思うし、母の状況にうまく合う薬も見つかると期待しております。

残り少ない老後、と本人も言ってますが、少しでも明るく過ごさないと損だし、父も心配してるんですよね。説得に4人がかりとは、母は相当頑固ですよね。嶺まあ、それも似てますけどね、私。

おかげでまた希望の方向が見えてきた感じです。

Web拍手ありがとうございます。 >昨夜、メッセージくださった方、どうもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 私も気を取り直してぼちぼちお絵描きを始めました。私の精神安定にはやっぱり必要不可欠なものですね。ぼちぼち進めていきたいと思っております。まずは線画から、ですね。