つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

とりとめなく…

今日は忙しいというよりも待たされた、という印象が残る日でした。かかりつけの先生の往診も午前中の外来の患者さんの人数やら手間やらに左右されるので、決まった時間じゃないのが結構不便だと感じてしまうんですね。仕方がないことなんですが。嶺

しかも今日は母が体調不良を訴えていたもので、なにやら知らない間に時間が過ぎてしまった感じです。蓮 マッサージの先生も母が相手だとうっかり力を入れるのが怖いみたいで、時々「足りない」と感じるらしいですね。で、私が肘で背中をごりごりするはめになります。おかげで私の肘にはマッサージのタコが出来ちゃって…。輦 冬場は乾燥するから、それがざらついておろし金のようになります。着るものによってはひっかかって痛かったり…。嶺 せっせとクリームなどつけてみるけど、追いつかないなあ…。まあ、これも親孝行と諦めるしかないかな。蓮

 そういう中で本当にぼちぼちとお絵描きをしております。今回の絵は部分的に線画のレイヤーを分けたいので、Illustratorの段階から分けて描いていますが、やっぱりこれって便利ですね。鍊 

いつのまにかすっかりIllustratorの線画に慣れてしまって、おかげで以前の手書きの線がひどく乱雑に見えて落ち込みそうになるのがちょっと困りますが…。嶺 手が震える心配がないから、ベジエ曲線は拡大して見てもやっぱり美しいのでした…。劣

この作品はまだ2,3日はかかりそうな気がします。急ぐものではないし、いいんですけどね。