つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

現在のデスクトップギャラリー

相変わらず忙しいです。病院やらコンビニやらスーパーやら伯父の家やら、あちこち用事で回っていたら、半日ですでにかなり消耗した感じ…。嶺 でもまだ2時からは看護師さんが来るし、結局父の薬はまた明日に取りに行かないとダメになったんですよね~。あー、面倒だなあ…。

ひとりで出来ることには限界がありますしね。昼間は仕方がないとしても、夜はお絵描きする気力を残しておきたいものです。蓮 寝るのがもったいないけど、寝ないと持たないのも事実ですしね~。嶺

Web拍手ありがとうございます。

 ……………………………

Macの時からデスクトップはギャラリー化していたんですが、現在はそれを15分おきに切り替える設定にしてありまして、以前よりも充実したギャラリーになっております。

あちこちのサイトで、時には海外サイトまで見に行って、気に入ったものを集めてくるので、ふと数えてみたら現在は136枚のランダム切り替えになっておりました。これって無制限に増やせるのかな?…だとしたらまだ増えそうだなあ…。

作品の傾向としては和柄の友禅とか、花のマクロ写真とか鳥やうさぎや鹿などの小動物の写真とかが多いかな。CGもあるんですが、その場合は幻想的な風景がほとんどですね。あ、Macをテーマにしたのも結構あるかなあ。

人物写真もちょびっとありまして、甥と姪の小さな頃のかわいい写真とか、宮本恒靖さんのとか小栗旬くんのとか…。小栗旬くんは眼力があるので、壁紙といえども視線が合うとちょっとドキドキしてしまいます。漣いや、眼鏡フレームの壁紙なんですが。

136枚もあっても自分の作品はわずか1点のみだったり…。このあいだ描いた「鏡の迷宮」くらいかなあ…。自作は飽きますしね。嶺

私はよく背景に龍を描くので、一般向けにそういう壁紙があってもいいかなあ…とふと思いました。そのうち気が向けば作るかもしれません。

写真にしろ絵にしろ、観察眼はどんどん育っていきますし、それに追いつかない自分の能力っていうのがなんとも悔しくなりますが…。でも「目の保養」っていうのは創作意欲をわき立たせるのにも必要不可欠なものだと思うのでした。