つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

妙なこだわり・2

 口を開けば「しんどい」という言葉しか出て来ない週末の我が家です。昨日はハードなおむつ交換を7回くらいやりまして、すっかり疲れてしまいました。蓮 別に緩下剤を飲ませたわけでも、とりたててお腹の具合が悪いようでもなかったのですが、防水シーツまで取り替えること1回。タオルまでの取り替えが2回、パジャマのズボンが汚れること3回で、昨日は6回は洗濯を余儀なくされてしまいましたしね。嶺 逆性石鹸を使ったら、余計に指の荒れがひどいなあ。輦

そういう疲労もこたえているようです。ともあれ、今日のリハビリも済みましたし、来週からは私と母も土曜もマッサージしてもらえることになったので、さらに嬉しいな、と思います。今日は雨の中を買い物にも行って来ました。「明日はどこにも行かない」と言っても、やっぱりそうはいかないのが現状なんですね~。輦

 …………………………

 精神的に煮詰まるので、ぼちぼちとお絵描きもしております。あんまり進みませんけどね~。嶺

うちのサイトは基本的に「和風」なので、あまりにも外国の色合いが濃いイベントの類いとは無縁なんですよ。ハロウィンとか、クリスマスとか。明治以降の設定ならば描いてもおかしくないのですが、大体それ以前というか、さらに古い時代ばかり描いていますので(笑)秊

で、冬になると絵のテーマというか、モチーフというか、そういうものにわりと困ってしまいますね。花も少ない季節ですし。

ただ、単に花を描くといっても、これにもやはり歴史がありまして、よく調べてみないと、この時代の日本にはまだ帰化していないものも多いのですね。そこまで気にして見てくださる方は多くないかもしれないですが、やっぱりあんまり自分が納得出来ない嘘は描きたくないなあ、と思ったり…。こういうのも私の妙なこだわりだったりします。

人物のエピソードとか、そういうものを創作するのはかなり自由な発想で描いてしまうんだけど、花だとか、文様だとか、そういうものに限定してこだわるのも我ながらおかしいのですが。学者じゃないんだしなあ。玲

まあ、あえていうならそういうものがオタクっぽいこだわりでもあるのかもしれません。どういうジャンルでもマニアックであることはイコールオタクみたいなもんだと思いますけどね(笑)秊