つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

落差

今年は家族の中で、あまりにもいろいろなことがあったので、

改めて自分を思い知らされることになった気がします。

つまり私は「緊張」と「緩和」の落差が普通の人よりも

大きくて激しいみたいです。

非常事態になると、自分のことを忘れて人一倍動けますが、

それらが一段落してやれやれ、と思うと、疲労がまとめて

どーっと表面に出てくるんですね(汗)

のみならず精神的にもどっぷりと落ち込みます。

頑張ったことに反比例して鬱がひどくなるみたいな感じです。

困った性格だなあ。あとで落ち込みさえなければいいのですが、

反動の落ち込みが怖いのね~(汗)

かといって四六時中、非常事態の中では本当に

もたないだろうし。「緩和」の時も必要不可欠です。

もっとリラックスしてくつろげるようになれるといいなあ。

難しいですが。「もう頑張らないでもいいよ」と言われたら

かえってがっくりきそうだから厄介ですよね(笑)