つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

キャラクター交換?

なかなか本格的には涼しくなってくれないなあ…。いまだに真夏の服を着ていたりするし。昨夜などはまだエアコンも必要だったし。本格的に動きやすくなるほど涼しくなるのは来月以降かしら。

今朝も母が具合が悪いというので、5時前に起こされてしまった。早朝覚醒もいいところだなあ。どのみち起こされなくても朝寝は出来ないけれど。ゆうべ寝たのが11時を回っていて、テトラミドの効果もあって、本を読みながら寝てしまう、顔の上にばさっと落として目が醒めたりすることがよくある。寝不足でもなかなか昼寝も出来ないものだと思う。

まあ、おかげで昨夜描いてたデッサンから下絵とペン入れまでは9時になる前に出来てしまったけれども。

Web拍手ありがとうございます。

 ……………………

このあいだからお絵描き仲間のあいだで、自分のキャラクターを他の人に描いてもらったらどうなるかな?という興味があって、そういう企画があっても面白いかも、という声もあったりする。他の人のキャラクターを描いてみる、というのも新鮮な気持ちになりそうで楽しいかも、と思ったり。

仮にこれを企画にしてしまうと、どれくらいの人が参加してくださるだろうか。ある程度人数が集まれば、誰が誰のキャラクターを描くとかはくじびきなんかで決めるのかなあ(笑)

アニパロとか、版権もののジャンルの創作を経験した人にはわかるだろうけど、既成のキャラクターって似顔絵になってしまうと面白くないのよね。いろんな描き手の人のそあれぞれの特徴が生きていて、それが魅力になるみたいな感じ。それはそれで面白いものだったり。

昔、10代の頃にはそういえば雑誌に似顔絵の投稿なんかもしたなあ。私に描けるタイプの絵はかなり限られていて、ポーシリーズの頃の萩尾望都さんのキャラの似顔絵ばかり描いていた気がする。おかげでかなりの影響を受けてしまい、その後、独自の絵柄を見つけるまでは「萩尾さんに似てる」と言われ続けてめげたりしていた。

でもね、最初は模倣でいいと思うな。いろんな人のいろんな魅力のつまみ食いをしていっても。そのうちに独自の絵柄が出来てくるし、そうすれば今度は誰のキャラを描いても自分ならではの個性が出てくるしね。

私らのように長く自分のキャラを描いていると新たな技法とか表現とかにチャレンジしづらくなるので、たまに他の人のキャラを描いてみればいい刺激になるかなあ、とも思うし。

やってみたい、という人が多ければみんなでやってみたいですけどね(笑)賛同の声をいただければの話です(笑)