つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

学校が教えなかったのよ

「蒼穹の昂」とSDの着物でふと考えてみると。

私ってまともに中国史と着物の縫い方の授業を

受けてないような気がしたり…(汗)

授業をさぼっていたとか、そういうわけでは

ありません。当時、カリキュラムに納まりきれない

項目って大胆に授業でパスされたんですよね。

思い出した。世界史の授業なんて、中国どころか

アジアもすっとばした気がするわ(汗)

「各自で教科書読んでおきなさい」とか言われて。

進学校じゃないとはいえ、あまりに大胆なパスでした。

…こういう経緯があって、日本人は歴史認識

どうこう、ってアジアの国に責められるんだよな、きっと。

着物の製作に至っては本当ならば浴衣を縫うはずの

ところが、やはり時間が足りず、着物なんて、

わら半紙に印刷した各パーツを切ってのり付けして

着物の形にするだけのペーパークラフトと化して

いたのでした。

あの時代でああいうありさまなんだから、現在

ゆとり教育云々というと、もっと多くの大事なことが

すっ飛ばされていそうで心配になってしまうのでした(汗)

この現代に天動説を信じる子供がいるんだもんね。

あーあ。