つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

気持ちはあるんだけど

うーん、ここしばらくはやっぱり体調が悪い。鬱とホルモンバランスの狂いとが一緒になってるみたい。あまりにもひどい倦怠感。のみならずもっと気分が悪いと冷や汗が出てきてしまう。そういう時は精神安定剤と救心を飲んで、冷たい氷水をちびちび飲みながらしばらく横になっているか、じっと座りこんでいるしかなかったり…。去年の母の手術の時に病院へ行く元気があってよかったなあ、と思う。今年だったらとてもじゃないけど通えないんじゃないかなあ。情けないけど…まだかろうじてパソコンに向う間だけはしっかりしているからまあ、いいか(笑)いろいろな面で生産性が上がらないことは甚だしいけれども(汗)

Web拍手ありがとうございます。

 …………………

ネット銀行に口座を開いて云々の作業もしごく面倒に思えたので、オークションに手を出すのはやはりやめよう。無制限にお買い物したくなったら怖いしね(汗)

お人形関係のことは自作する気力が出てくるまではお預けにしようかな。なにか作ろうと思って買っておいた生地はいろいろあるけど…。あとレースとかも。

お人形ならではの、たとえばレースやフリルやピンタックがいっぱいで贅沢に布を使ったピンクハウス風のドレスは憧れだけど、うちの5,000円のミシンではさすがに細かいピンタックは無理なんだよね。フリルなども途中でずれてきてしまうのは私のいい加減な性格ゆえにだろうか(汗)

人間サイズの服はきっちりと丁寧な仕立てが出来ていたのにお人形サイズになるといい加減な部分が出てきてしまうみたいだ。駄目だなあ。SDサイズでもそうなんだから、1/6サイズの人形の服は頭から自作しようとは思わない。

学生時代、技術家庭科の成績はよかったんだけど、なんだか嘘みたいだなあ。料理は嫌いだし(笑)

お人形の服でも着物でもきちんとした仕立てが出来て、それこそオークションでも販売出来るくらいになれば、いいお小遣い稼ぎにはなると思うんだけど。どうもそこまでも集中力はないようだ。

鬱の時期にかつてのようになんでもきちんと出来ていた頃と同様にやろうなんて考えてはいけない、と言われたけれど、いろんなことがもどかしいのは事実だったりする。気持ち的にはやりたいと思っていても身体がついてきてくれない状態は哀しかったり…。哀しいのともどかしいのとでさらに落ち込んだりして…(汗)

まあ、まだしばらくのあいだはお絵描きだけでもできればいいと思っていないといけないのかもしれないなあ…。自分の気持ちと気力と体力とにそれぞれ折り合いをつけるのがすごく難しい気がする現状…。