つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

24時間テレビ

母が24時間テレビのエンディングを心待ちにしているので、

義経」はビデオをセットしてきました。

今年のテーマは「生きる」だそうです。

私にとっては自分が一番自分らしくいられることが

一番大事かなあ、と思います。

なんだかこれって中学生くらいの時からの

指針みたいですけどね(笑)

それが一番大事なことなので、世間でいうところの

「勝ち組」だとか「負け犬」だとかいう価値基準は

私にはありません。

だから、仮にすぐに死んでも後悔とかは

しないだろうと思います。

考えてみれば結構幸せですよね(笑)

まあ、心身面に不自由はありますけど、

贅沢言ったらバチ当たりかなあ、と。

人生の時間の長短はあまり関係がなくて、若くして

命を亡くすことになってしまった人でも

その人が本当にその人らしく生きられた実感が

あれば、それは不幸な人生だとは思わないんですよね。

ひたすら「質」というものに尽きるでしょうか。

さらに、自分らしくあることが他の誰かのために

有意義なものであるとしたら、それで最高だと

思います。