つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

急がんでもええやんか

大惨事になってしまった列車事故。

運転に向く人かどうか、との適性に疑問も残りますが、

遅れを取り戻すための超過スピードだったとしたら、

我々としたら「ちょっとくらい遅れてもええやんか」と

いう気分になるんですけどね…。

私鉄とのスピード競争で、7分くらいJRの方が

早く大阪に着く、というのがウリで、それゆえに

JRを選ぶ人も多かったそうです。朝の7分は貴重ですが、

いろいろなことにもっとゆとりが必要なのでは、と

思ってしまいました。

かの事故の直前、伊丹駅オーバーランした時に

見知らぬおばあさんに「あの電車は危ないから乗らんとき」

と引き止められて命拾いした人がいるそうです。

予兆のようなものがあったのかもしれません。

でも、こういう大事故の際にはすんでのところで

命拾いした、というケースをよく聞きます。

不思議な運命のようですが、やはり人はなにかによって

「生かされている」ものなのかもしれません。

犠牲になられた大勢の方のご冥福と怪我をされた方々の

早い回復をお祈りしています。