つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

ずっと遡って

十二国記シリーズですが、

昨夜は「風の海 迷宮の岸」を読了しました。

とうとう、あと最初の「月の影 影の海」を残すだけに

なってしまいました。でも反対から逆に辿るのも

面白かったです。そうか、あの伏線はここで生きてるのね、

とかすごく納得出来て。なんだか最近涙もろいようで、

小さな泰麒のいじらしさにじわ~っとしたりしてました。

で、久々に「活字倶楽部」もGET。なんでかというと

今回は和のファンタジーとか歴史物特集で、荻原規子さん

のインタビューなどが載っているからです。

今度の新刊はちょうど義経のちょっと前の

時代にリンクしているみたいだし、

背景イメージが浮かびやすそうですね。

装束とか、今なら資料もたくさんありそうだし(笑)

あの時代の華麗な鎧兜はわりと好みです。

兜の下の髪型が長いままなのも好きなので…。

絵にするのも楽しいしね。

日本の歴史の中にも「絵になる時代」というのが

あるよなあ、と改めて思うこのごろです。