つれづれ日記ー逝春抄ー

お絵描きと介護で多忙な日々 双極性2型障害と気長に共生中

大事なこと言いたい

双極性障害と創作の意味と…

昨日と今日の落差が辛くて死にたい気分。 でも描かないでいるといままで多分生きて来られなかったから…。やっぱり死なないために絵を描いていると思う。 反動が来ても、その前の瞬間の達成感と幸せを感じるためにきっと描いている。 私は天才でもなんでもな…

読書の幸せ 生涯の友に出会える幸福と同じこと

本は生涯の友人である 私は自分が読んだ本をなかなか処分出来ない。 もちろん、箸にも棒にもかからない、時間の無駄だった、なんていう本は別だけど。 初読の時に、どこか一節でもぴんとくるものがあれば、その本は残しておく価値がある。 なぜかというと、…

諦めない、投げ出さない お絵描きも人生も

サイト更新出来ました (^_^) 「でーきーたー!!わーい(^^)」 このあいだからずーっと地道に描き続けていた作品が完成して、サイトの更新ができました。めでたしめでたし(^^) よろしければ見に来てやってください(^^) おしまい。 星宿海 渡時船 …いや、そう…

比較しても幸福になれないことは一杯ありますね

季節の変わり目の不調の中です なんだかまだ微妙にお腹の上の方が張って痛いけど、頭も腰も痛さを感じるし、この3ヶ所は連動していることが多いので、影響あるかもね、と考えています。自律神経もあるけど、私は無意識に空気を飲んでた可能性もあります。呑…

「世代」だけでひとくくりにして考えないで欲しいこと

朝一番で郵便局に行くと、早くもしっかり引き落とされていた。うーむNTT。なんだか悔しい (-_-メ) まだなんとなくお腹の具合がすっきりしなくて、食べたあとで腸が動くと痛い感じもありますが、食欲はしっかりあります。揚げ物は控えてますが…。 いつも経済的…

不安を払拭するのは突然の「非日常」だったりする

デパスがやめられない、という人がいらした あるところで、デパスをやめたいけど、やめられない、というのをお聞きしました。薬の効果がなくなる時間帯になると不安になる、というのはすでに依存っぽい段階かもしれないなあ、と思いました。内科でも処方が可…

「敏感すぎる人が快適に生きる本ーHSPの能力を生かす」弱者目線からの世界

わかりやすい「平等」と「公正」の図 ブックマークで触れてらした方があったので、リンクしてきました。「平等」と「公平」の違いの図。 【追記あり】「平等」と「公正」の大きな違いが1秒で納得できる画像 | BUZZAP!(バザップ!) なるほどわかりやすいで…

障害者たちの見えない努力について

知らない人もいるだろうから書いておきます。 障害者は楽をしているように思われがちですが、決してそうではありません。 たとえば双極性2型障害のある場合、「障害」と言われるだけあって、 寛解はあっても完治はない、症状がましになっても薬を生涯飲み続…

こういうふうに変われば働ける人はもっと多くなる

こういう考え方は見習って欲しい 今日はブログもお休みのつもりでしたが、マイクさんの嬉しい記事を読ませていただいたので、その延長でなんとなく… (^_^;) マイクさんの記事はこちらです。まずはどうぞ (^_^) www.flahertylog.com 「だってあなたは障害を抱…

現在の私を形作るのは過去と現在のすべてである

だから過去の経験をマイナスだとは思いたくない 昨日、TwitterとFacebookでつぶやいたことなんですが…。それぞれにコメントとリプレイをくださった方々、どうもありがとうございました (^_^) やっぱりどう考えても過去の自分も現在の自分も、「いま、ここに…

嚥下機能を取り戻すための努力の現場

Facebookで教えていただいた番組です。 プロフェッショナル 仕事の流儀食べる喜びをあきらめない~看護師・小山珠美 video.search.yahoo.co.jp 私はテレビを見ないので(まずテレビがないし)知りませんでしたが、去年放送されていたようです。 嚥下障害に真…

お金にならないブログを長年続ける意義について

寒いから外に出たくない。今日はご飯も作りたくない。お弁当を頼むしかない。 私が参加している介護のSNS 母の状態が安定していた時にはほとんどお留守だった介護のSNSにこのごろちょくちょくお邪魔しています。 ansinkaigo.jp やはり「介護する側の当事者」…

クラウドファンディングがダメだった理由など

嫌いなことは忘れるらしい 料理とか 今週は食費の節約のためにずーっと大嫌いな自炊をしているために、その関係の記憶があんまりはっきり残っていません。 もとより写真撮る気力もないし、毎日なにかを作っていることは確かで、まずいものを食べた記憶もない…

自分がぼーっとしていられない理由(わけ)

言語聴覚士さんに相談してみたい 母の入院している病院にも言語聴覚士の方が在籍されているのがネットの調べでわかったので、さっき、病院に電話をして、お時間のある時に言語聴覚士さんにお会いして退院後の嚥下訓練についての相談が出来ないかという申し出…

これは病気を受け入れたということだろうか?

「普通の人なら…」といつも言われる不思議 (^_^;) 本来、訪問マッサージは木曜日の午後になります。が、今週は先生の都合で昨日に変更になりました。ゴミの収集と重なったけど、ゴミ箱は表に出しておいたので、ちょうどよかったみたいです。 で、まあ、右腕…

生きていてくれるあなたに「ありがとう」を…

生きていてください 時として それを望むのは死ぬよりも辛い選択を望むことになります それでも それを望むのは失えば二度と取り戻せない選択だからです なにも出来ないとか 自分の身の回りのことすべてに人の手が必要だとか そういういうことは全部差し引い…

ロールモデルのない人生 案外幸せかも…

ロールモデル、という言葉 ロールモデルとはなんぞや? 役割を担うモデル。模範。手本。「革命家のロールモデルにゲバラを挙げる」 「ロールモデル」とは、自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと。人は誰でも無意識のうちに「あの人のよ…

嚥下リハビリ環境のお粗末さと自分の「色」について考えた

厳しい嚥下訓練関係の実情 昨日、マッサージの先生と嚥下訓練についてお話ししていたんですが、先生の担当の患者さんにもおひとりだけ訓練を受けておられる方がいらっしゃるそうです。 その患者さんの場合は「東京から専門の技術を持った方が来られて、その…

ひとつながりの生命と人生 いのちを照らすもの

介護と生命の介護者たち この記事、以前にも見かけた記憶があるんですが、またたまたま目に付いたので再度取り上げますね。 blogos.com 親子の関係は本当に人さまざまで、とても一概に語れるものではありません。 でも健康な息子による介護がわずかひと月半…

無限のエネルギーが生まれる場所 双極性2型が教えてくれたこと

エナジーバンパイア 昨日、通りすがりのブログで「メンヘラの人間はエナジーバンパイアである」という言葉を見つけました。この「エナジーバンパイア」という言葉、どこかで見たな、と思ったら、HSPの人のブログでも取り上げられていたんですよね。 ameblo.j…

母の初めての内視鏡でした

母の初めての内視鏡 病院から帰ってきました。 病院の規模&滞在時間と疲労度はほぼ比例していますね。帰宅したらもうなにもやる気がしない (ーー;) やっぱり朝から内視鏡と聞いていたから、気になって9時半頃にはもう着いてたし、まだ母も病室にいましたが…

つぶやいて寝ます(^_^;)

…おやすみなさい(^^)

自分の時は誰が来てくれるか楽しみです (^_^)

明日、胃ろうが可能かどうか、試すために内視鏡を入れます、と 先生から電話があったので、母の病院に行ってきます。 なにをどうするかわかっているのに、なんだか身体が反発するというか、 不思議に気が重いです。家族の付き添いで病院アレルギーになったら…

考証とアレンジとこだわりと…

気になる… (ーー;) このあいだ、うつになる前にたまたま見つけて、非常に気になってしまって、いまだに気になっているものがあります。 こちらのお雛さまです。 11hinadoll.com お顔や装束の色彩は魅力的でとても素敵だと思うんですが、私が気になる最大の理…

イマジナリー・フレンドの底力を実感するとき

イマジナリー・フレンドとはなんぞや? イマジナリー・フレンドとはなんぞや? 多くの子供が幼い頃に持っていた自分だけの「空想の友達」というのが基本的説明です。決して異常なことではなくて、正常な発達にかかせない要素だと言われています。大抵は成長…

現実の「共感」と内なる「共感」に救われる

介護の「共感」に救われる 昨日はいつもの看護師さんが弟のところに上がる前に、私のところに来てくださったので、しばらく話をすることができました。 それで看護師さんに「家族としてお母さんにしてあげられることは十分してあげてますから…」と言われて、…

電車にふらっと飛び込みたくなる気持ちがわかってしまった

私とは思えないミスをしている 母のところに行ってきました。 ありえない間違いしちゃって、バスを乗り間違えて、最寄りの駅まで行って、もとのバス停に戻ってきちゃった。もちろんしっかりバス代も取られたし…。 全然車体のデザインが違うのに、どうして間…

ユニークな子供には厳しい日本の「学校と教育」システム

既製品ばかりを作らない教育がとても必要 日本の教育は規格外の子供にはほぼ無力。なぜなら教師自体が規格内だから。規格外の子供にも柔軟に対応できる能力が必要。オリジナリティのない人間ばかり育てていては世界対応出来るわけがないよね。 — 藤本恭子/双…

ちょうど2年前の記事ですが「〈弱さ〉のちから」

はてながお知らせしてくれる過去記事のなかから。 いま読んでも考えさせられる向谷地さんの言葉です。 「べてるの家」の人たちは普通の人たちの中でもちゃんとした自分たちの 位置を見つけていて、地震の時、津波の危険からも街の人たちと 協力しあって逃れ…

生きている限り、人は悩める存在だと思う

「なくしたものとつながる生き方」 昨夜、読みました。 Glocal Lifeさんがお勧めされていた本です。 「なくしたものとつながる生き方」という本は「なくしたもの」だけでなく「心底欲しかったけど、得られなかったもの」の心の傷を癒すのにも役に立つオスス…

見えにくい問題がなんだか気になる…コンプレックスが少ない私でも

やっぱりんなとなくご縁があるね 母の病院に行ってきました。いつも面会時間無視ですみません。普通の人の面会時間には動けないことが多いので、一応私の病気のことも看護師さんにはお話してあります。 母は点滴を受けながら鼻からの栄養補給も受けているよ…

双極性障害は遺伝するのか? 身近な例を考えた

起きるのが非常に辛い朝ですが、病院に行かない日くらいはご飯作らないと経済的にきついので、究極の選択みたいになっております(ーー;) 昨日、コンビニでカット野菜があったから、それとウインナとベーコンでなんとか。いつもは特養の帰りにスーパーに寄っ…

介護・看護と「死」に相対する許容量について

今日は出来れば母の病院に行く予定なので、予約投稿しておきますね。 「蝉時雨のやむ頃」から 私の好きな漫画に吉田秋生さんの「海街Diary」シリーズがあります。現在コミックス7巻まで出ていて、映画化もされたんで、ご存知の方も多いかもしれません。 海…

電池切れです 辛い時でもブログでも救われるかと思う

電池切れで寝るしかない 10時間近く寝たのに、まだ目が開けられませんでした。寝ようと思えばいくらでも眠れるのに、夏場の昼寝と違って、冬場に終日布団の中にいるというのは38度以上の高熱がない限り無理な気がします。 昨夜は頭痛がしてバファリンを飲み…

母が入院しましたーまた生命に関する決定の間近に… (ーー;)

お詫びとお知らせと 本当は個別にメールなどしたほうがいいんですが、なにしろ朝8時半から夕方4時前まで飲まず食わずで動いていたからもう限界です。取り急ぎ、ここに書けば、一番多くの人の眼に触れるかなあ、と思いまして…。私も相当疲れているので、や…

「理解する」ことには深さが違う段階がある

今日は母のところに行く予定なので、予約投稿しておきますね。ねり梅が届いたので、それを持って行かないと。でも帰りにスーパーに寄って、11時半までに帰らないとヘルパーさんが来られますし…忙しいよね (^_^;) いつも「気付き」は訪れる このごろ、10年以…

どんな時でも見失わない幸せの見つけ方

幸せは自分で見つけるものだと思う 2、3日前に「うつの時になにが幸せかなんて、わかるわけないだろ」というつぶやきを見つけて、それがずっと引っかかっていました。 幸せがなんなのか?わからないのって、うつのせい??? …それって自分にはちょっと思い…

11年前から全然ブレていない自分に驚くー自分のブログを検証する

なんだかあっというまの気がするけど… 11年前のブログから介護部分の内容をピックアップしているこのごろですが、ここで気付きがありました。 11年前でも私は私。基本的にはなにも変わっていないということですね。 これだけ長くブログを続けている人も少な…

うつや双極性障害という貴重な体験は無駄にしたくはありません

年が明けても母のことは気掛かり 母の特養に行くタイミングを検討中です、血液検査の結果は出ましたか?とさっき特養に電話して「調べてみます」という返事で、電話待ち…。落ち着かないわー。入院とかになるほど悪くなければいいのですが、水分摂取の問題が…

16性格診断についてふたたび(三たびくらいかも…?)

なんだか似ている気がする… 昨日、たまたま見つけたこちらのサイトですが、あちこち拾い読みしてみると、自分との共通点などが散見出来て面白いです。もしかしたら価値観が似ているのかもしれません。立場などは全然違うのに。「隠居生活したい」なんてとこ…

「自分であること」を頑張る自分が好きです

過去記事の整理で当時を思い出す 11年前の父の入院と介護の記録(このブログの該当部分)を読み返していると、その当時の私はまだ単極性のうつ病だと診断されていたわけですが、日々大変で、泣きたいにも関わらず、精神科の先生に泣きつきに行こうか?とか悩…

自己肯定感はやはり幸せを見つけるための鍵になると思う

介護録ってかなり膨大かも… (;゚∀゚) ぼちぼちと、2006年からのブログの介護部分をまとめ始めたのですが…。これって全部で文庫300ページ以内に納まる分量かなあ??出版社の計算には300ページくらいしかなかったのに、それで納まらなかったらどうしよう???…

健康じゃなくても出来ること、社会的弱者として出来ることを考える

元旦から、嫌いな食事作りをしたので、ついでに(?)ちょっと真面目なことを考えてみました。 私が元気だったころっていつ?? ふと振り返ると私は「元気だった頃の自分」をもはや思い出せなくなっています。私が元気だったのっていつまでだろう? 少なくと…

「普通である」というのは単なる幻想じゃないですか?

疲労が表面化してきている なんとなく…右膝が痛いような…気がする。昨夜まではなんともなかったから、またすぐに治るかとは思うけど…。昨日は今年最後のマッサージで、いつもは大丈夫な足から腰に来る痛みもちょっとあったし、普段はまず感じない好転反応と…

2007年に実現させたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」 もうすでにやりかけているけど、やっぱりこれでしょうね。 2006年から2009年までにブログに書き続けていた「父の在宅介護の記録を まとめた本を作ること」です。 表紙のデザインもすでに何年も前にあって、なかなか取り…

希死念慮を遠ざけるものー私の場合

希死念慮に焦った挙句に… 昨日、自分がうつ状態のところへ持ってきて、ちょっと一人で抱えるにはきついな、と思えることがあったので、(そうはいっても軽躁の時だとそんなに堪えないと思いますが)心身共にちょっとダメージがあって、朝から気がついていた…

苦悩はしてもそれが劣等感にはなりえない

我々が真剣に日々見つめて相手にしているのは「心の病」ではなくて 「脳の病」でもあり、なおかつ「全身の病」でもあることが 広く世間に理解される日がきて欲しいと願います。 コントロールセンターの誤作動だから、全身に影響が及ぶのは当然だし。 www.huf…

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし

さきほど、母のいる特養の相談員さんから電話がありました。 母は食事はおおかた10割は食べることが多いけれど、たまに気分かどうかで 「もういらん」と拒否しているようです。 食事の後で、気管のあたりでごろごろ音がするとは聞いています。部屋に吸引機が…

「幸」と「辛」についてなんとなく考えてみた 感情が揺れる日に

感情が揺れて困る 朝一番に保健センターに行って、障害者手帳の更新を済ませてきました。ひとまずこれで今年の用事は済んだような気がするんですが…。本当にそうだといいなあ。 どうも昨日から感情面が不安定になっていて、気分が揺れています。 母の胃ろう…

守りたいという気持ちで自分も守られているという不思議

半端なく疲れてしまう私の現実 昨日は半日ウロウロしただけで、半端なく疲労困憊してしまって、午後9時半には就寝。そのまましっかり9時間も寝てしまいました。まあ、大体こういうパターンで外出するとたとえ2、3時間でも疲れ方が半端じゃない、というの…